2024年06月13日
ニュースルーム

いすゞ、「MU-X」を大幅商品改良 ~世界60以上の国や地域で販売する世界戦略車~

いすゞ自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市、社長COO:南真介、以下「いすゞ」)は、大幅商品改良した「MU-X(ミュー・エックス)」を6月12日(水)よりタイで販売開始しました。順次グローバルに展開してまいります。

「MU-X」最上級グレードRS(タイ仕様)

いすゞの1トン積みピックアップトラック「D-MAX」の派生車であるMU-Xは、PPV(Pick-up Passenger Vehicle)セグメントに属する7人乗りの乗用ユースモデルです。フレーム付きボディならではの悪路走破性と耐久性、牽引性能が高く評価され、タイやオーストラリア、南アフリカ、中東、中米など、世界60以上の国や地域で販売しています。今回、2020年のフルモデルチェンジ以来、初となる大幅な商品改良を行いました。新型モデルは「Bold and Dynamic」をコンセプトにエクステリアデザインを変更、高級感とスポーティーさを強調した最上級グレード「RS(アールエス)」を新たに設定し、市場からのご要望にお応えしました。

6月12日にタイのバンコクで行われた新型MU-X発表会で、いすゞ社長COO 南は次のように述べました。
「2020年にフルモデルチェンジした現行MU-Xは、世界60を超える国・地域でご好評をいただき、タイでは昨年、PPVセグメントにおいて、過去最高の販売シェア34.6%となりました。今回、エクステリア・インテリアのデザインを大幅に刷新し、さらなる進化を遂げたMU-Xは、これからもいすゞブランドをグローバルに力強く牽引する主力商品のひとつであり続けると確信しています。」

なお、主な商品改良点は以下の通りです。

  • デザイン
  • エクステリア:

    フロントフェイスやアルミホイール、ランプ類などのデザインを変更。フロントバンパーには新たにエアカーテンを採用することで、卓越したエレガントさ、俊敏かつモダンなイメージを与えるだけでなく、高い空力性能を両立させています。

    インテリア:

    「Bold & Redefined」をデザインコンセプトに、インストルメントパネル、シート、ドアトリムを見直し、細部の作り込みと質感へのこだわりを徹底することで、先進性、高級感、機能性をより高い次元へ引き上げました。

  • 最上級グレード「RS」の設定*
    エクステリアの随所にブラックカラーを施し、フロントグリルに専用エンブレムを装着することで、よりスポーティーで精悍な印象を持たせました。インテリアではインストルメントパネル部のアンビエントライトやフットランプを追加し、最上級グレードにふさわしい洗練された室内空間を追求しました。
  • 先進安全機能の追加*

    新世代ステレオカメラの採用により、以下の先進安全機能が拡充しました。

    • 交差点進入時、対向の横断歩行者を検知し、危険時には自動ブレーキが作動し、衝突を防ぎます。
    • 前向き駐車からの後退時、後側方から接近する車両を検知し、危険時には自動ブレーキが作動し、衝突を防ぎます。
    • 外気温が低いときには、自動でカメラレンズ周囲のフロントガラスを温めて曇りを防ぎ、先進安全装置の未作動リスクを回避

    ドライバーの安全運転を前提とした機能であり、事故被害の軽減を目的としています。各機能には限界があります。機能を過信せず安全運転を行ってください。

  • その他の改良点*    
    • サラウンドビューモニターシステム(安全性能向上/駐車支援)の追加
    • メーターパネル内7インチTFT液晶ディスプレーの採用
    <インテリア>
    <サラウンドビューモニターシステム>
  • タイ仕様 MU-X RS 主要諸元
全長(mm) 4,860
全幅(mm) 1,885
全高(mm)ルーフレール込 1,875
ホイールベース(mm) 2,855
トレッド(前/後)(mm) 1,570
最小回転半径(m) 5.6
タイヤ 265/50R20
エンジン(4JJ3) 排気量(cc) 2,999
出力(kW/rpm) 140/3,600
トルク(Nm/rpm) 450/1,600-2,600
トランスミッション 6AT
車両重量(kg) 2,175
* 仕向け国によってグレード設定や仕様装備は異なります。

以上

  • X
  • LINE

いすゞ、ピックアップトラック「D-MAX」を大幅改良~累計生産500万台のグローバル戦略車~

いすゞ、初のBEVピックアップトラック「D-MAX」を世界初公開 ~2025年に欧州へ先行導入、豪州・タイなど他エリアにも順次展開~