2023年10月06日
ニュースルーム

いすゞ、ピックアップトラック「D-MAX」を大幅改良~累計生産500万台のグローバル戦略車~

いすゞ自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市、社長COO:南真介、以下「いすゞ」)は、大幅改良した1トン積みピックアップトラック「いすゞD-MAX」(以下「D-MAX」)を、本日10月6日にタイで発表しました。今後、10月12日よりタイで販売を開始し、順次グローバルに展開してまいります。

ISUZU D-MAX V-CROSS (タイ仕様)

3代目にあたるD-MAXは、2019年10月のデビュー以来、力強いデザイン、悪路走破性、優れた燃費性能などがお客さまに高く支持されています。今回の大幅改良では、好評の内外装デザインに磨きをかけ、また世界中のお客さまから求められる幅広いニーズに対応することで、市場により適したピックアップトラックを目指しました。

D-MAXは、いすゞのグローバル戦略車として、アジア、欧州、中東、アフリカ、中南米、オセアニアなど100ヶ国以上の国と地域で販売されています。2022年度のグローバル販売台数は約34万台で、特に1トン積みピックアップトラック最大市場であるタイでは約18万台(シェア45%)を販売しました。1974年にマザー工場である泰国いすゞ自動車(IMCT)でタイ国内向けピックアップトラックの生産を開始以来、約半世紀にわたり世界中のお客さまに愛され続け、IMCTでのピックアップトラック累計生産台数は500万台*1を達成しています。

ピックアップトラックはタフで悪路走破性が高く、デザイン性も優れていることなどから、商用・乗用の兼用で使われており、グローバル需要は底堅く、2022年には約216万台*2とコロナ直前(2019年)の水準まで回復しています。D-MAXは今回の大幅改良によって、各国の市場でさらなるシェア拡大を目指します。

本日、タイのバンコクで行われた発表イベントに出席した、いすゞの社長COOである南真介は、次のように述べました。
「いすゞは、カーボンニュートラル社会実現に向けて積極的に取り組んでいます。今後、タイにてバッテリーEVピックアップトラックの生産を計画しており、まずは欧州から導入し、タイを含め市場のニーズに応じて順次投入を検討していく予定です。いすゞのピックアップトラックにとって最大市場であるタイへの期待は、将来に向けても揺らぐことはありません。これからもタイの皆さまに貢献できるよう、共に『運ぶ』を創造し、末永く愛される企業であり続けたいと考えています」

なお、今回の主な商品改良は以下の通りです。

  1. 1エクステリアデザイン
  2. 主にフロントとリアのデザインを一新し、新モデルのコンセプトである「剛」(STRONG&AGGRESSIVE)、「駆」(SPORTY)、「進」(FUTURISTIC & DIGITAL)を表現しました。フロントは、エンジンフードのセンターにパワーバルジ形状を追加し、フロントグリルをより高く幅広くすることで、力強さを強調しています。ヘッドランプはDRL(DAYTIME RUNNING LIGHT)を上部に配し、3つのキャラクターランプ*3を追加することで、新しさとスポーティーさを演出しました。リアは、テールランプのデザインをLEDライトチューブによる3段L字型モチーフ*3で強調し、翼を広げているような印象と車両のワイド感を表現しています。また、フロントバンパー左右にエアカーテンを新設し、テールゲート上部のスポイラー形状を大型化することで、空力性能を向上させ機能美を追求しました。

    フロントデザイン スケッチ
    <フロントデザイン スケッチ>
    リアデザイン スケッチ
    <リアデザイン スケッチ>
  3. 2インテリアデザイン
  4. コンセプトは「靭」(STRONG & SUPPLE)、「麗」(HIGH-CLASS & SOPHISTICATED)です。インパネのセンタークラスターには、新しいU字シェイプを採用し、力強さとインフォテーメントディスプレーの一体感を強調しました。インフォテーメントディスプレーは、ダイヤル式スイッチを追加することで操作性が向上しています。インパネガーニッシュとドアインサート、シート素材には、ミウラ折りパターンをモチーフにしたデザイン*3を取り入れ、新しさと高級感を醸し出しました。7インチに拡大したメーター内のTFTディスプレー*3とインフォテーメントディスプレーには、いすゞユニークのGUI(Graphical User Interface)を採用し、タッチスクリーンの使いやすさと視認性を向上させ、洗練された上質感を演出しました。

    <運転席&ダッシュボード>
    <インフォテーメントディスプレー & メーターパネル>
  5. 3先進安全装置の新機能の追加
  6. 新世代ステレオカメラを新たに採用し、先進安全装置の機能を追加しました。主な新機能は、交差点進入時、カメラが横断歩行者(対向)を検知し、危険な状況と判断した場合、自動ブレーキ*3が作動します。さらに、前向き駐車からの後退時でも、後側方から接近する車両を検知し、危険時には自動ブレーキ*3が作動します。また、カメラレンズの周囲に電熱線を追加し、外気温が低いときには自動で温め、カメラレンズ周辺のフロントガラスの曇りによる先進安全装置の未作動リスクを回避します。
    さらに、渋滞時の前車追従走行をアシストする機能や、マニュアル・ミッションモデルへのアダプティブクルーズコントロール対応など、利便性を大幅に向上しています。

  7. 44x4走行性能の向上
  8. リアデフロック作動時のトラクションコントロール領域を広げることで、片輪が浮いて駆動力が抜けてしまう場合でも、浮いているタイヤのブレーキ制御を行い、もう一方のタイヤに駆動力を伝達することにより、悪路での脱出性を向上させました。
    さらに、ラフテレインモードを新たに追加し、悪路走行に最適なブレーキ、エンジン制御が可能になりました。車両が最適なタイヤ回転数になるよう、エンジン出力やブレーキを制御し、アクセル操作だけで、悪路での発進・加速時のトラクションを確保し、高い走破性を実現しています。

    <タイ向け V-CROSS (ダブルキャブ 4x4 AT) 諸元>

    全長(mm) 5,305
    全幅(mm) 1,880
    全高(mm)ルーフレール込 1,810
    ホイールベース(mm) 3,125
    トレッド(前/後)(mm) 1,570
    最小回転半径(m) 6.1
    タイヤ 265/60R18
    エンジン(4JJ3) 排気量(cc) 2,999
    出力(kW/rpm) 140/3,600
    トルク(Nm/rpm) 450/1,600-2,600
    トランスミッション 6AT
    空車重量(kg) 2,035
    CO2排出量(g) 186

    <主なラインアップ>

    シングルキャブ / Regular Cab
    シングルキャブ / Regular Cab
    エクステンドキャブ / Space Cab
    エクステンドキャブ / Space Cab
    ダブルキャブ / Crew Cab
    ダブルキャブ / Crew Cab
    1. ※12023年9月末時点 D-MAXの前身であるKB型・TF型およびOEM車を含む
    2. ※21トン積みピックアップトラックのいすゞ販売地域(米国・カナダ・日本を除く)の数値(いすゞ調べ)
    3. ※3上級グレードに装備

以上

  • LINE