2023年11月21日
ニュースルーム

いすゞ、タイで車両生産台数累計600万台を達成

いすゞ自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市、社長COO:南真介、以下「いすゞ」)は、タイにおける車両生産台数累計600万台を達成しましたので、お知らせいたします。

タイでの車両生産台数累計600万台達成を祝う山口哲・IMCT社長(左)ら関係者

いすゞグループは、1963年より、タイにおいて生産委託によるトラックの生産を開始し、1966年に泰国いすゞ自動車(IMCT)を設立。半世紀以上にわたり、ピックアップトラック「いすゞD-MAX」(以下D-MAX)やPPV(Pick-up Passenger Vehicle)「いすゞMU-X」などを生産してきました。1974年にはタイ国内向けピックアップトラックの生産に着手、以来順調に生産台数を伸ばし、1963年の生産開始から丸60年で累計600万台を達成しました。

1999年のオーストラリア向けの輸出スタートを契機に海外への輸出も拡大し、2002年には、それまで日本で行ってきた輸出向けピックアップトラックの生産もタイに完全移管しました。現在、タイはいすゞグループにおけるピックアップトラックのマザー工場として確固たる地位を築き、世界100を超える国・地域に年間30万~40万台の規模でいすゞ車を供給しています。今年10月には大幅改良したD-MAXを発表、生産を開始しました。さらに、カーボンニュートラル戦略の一環でピックアップトラック領域でも電動化を進める計画で、まずは2025年に欧州でバッテリーEV(BEV)のD-MAXを発売する予定です。

いすゞグループは今後も、世界各国でお客様の多様なニーズに応える商品を提供してまいります。

<泰国いすゞ自動車(IMCT)の概要>
名称 泰国いすゞ自動車
Isuzu Motors Co., (Thailand) Ltd.
本社所在地 タイ王国 サムットプラーカーン県
工場 サムロン工場/ゲートウェイ工場
設立 1966年4月
資本金 85億バーツ
出資比率 いすゞアジア:71.1%、トリペッチいすゞ:27.3%、他:1.6%
代表者 山口哲
従業員数 6,002人
事業内容 商用車・ピックアップトラックの製造および車両・コンポ・部品輸出卸販売
生産実績 (生産)2022年:車両 360千台
(生産)2021年:車両 301千台
生産能力 385千台/年(2直)

以上

  • LINE

いすゞ、ピックアップトラック「D-MAX」を大幅改良~累計生産500万台のグローバル戦略車~