2022年07月27日
ニュースルーム

いすゞプラザ 『南極の”運ぶ”を支えるいすゞ』展示開催について

いすゞ自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:片山 正則)は1956年に初めて南極観測隊を派遣し、これまでに76人の社員と36台の車両が南極の観測を支えてきました。

いすゞプラザでは、8月6日(土)より新たに設置した「プラザ特設展示エリア」において、『南極の運ぶを支えるいすゞ』展示を開催いたします。実際に南極で2019年まで使われていた「雪上車」をはじめ、観測活動と基地の生活を支えてきた、いすゞパワートレイン搭載の「発電機」、「南極の氷」などの貴重な展示に加え、大型映像、モニター、デジタル年表による歴史や解説、南極観測隊員の実体験にもとづくエピソードもご覧いただけます。

以上

  • LINE

藤沢市からの救助工作車寄贈について

国立極地研究所より南極地域観測功労者表彰を受賞