2021年10月28日
ニュースルーム

いすゞ、国内商用車メーカー初の大型LNGトラック「ギガLNG車」を発表

いすゞ自動車株式会社(本社:東京都品川区、社長:片山正則、以下「いすゞ」)は、国内商用車メーカーとして初となる大型LNG※1トラック「ギガLNG車」を本日より発売いたします。

いすゞは、これまで約30年にわたって、エネルギーセキュリティおよび環境負荷低減の観点から、天然ガス自動車の開発・普及促進に取り組んでまいりました。LNGの優れた環境性能と、これまでと同等の 使い勝手を有する「ギガLNG車」を、カーボンニュートラル社会への移行期における選択肢の一つと考えています。

今後も、多種多様な用途をもつ商用車の特性を考慮し、それぞれの使われ方に最適な技術の開発と、地球温暖化の抑制や脱炭素社会への貢献を進めてまいります。
主な特長は以下のとおりです。

  • 「ギガLNG車」は、ディーゼル車と比較して都市間輸送時のCO2排出量を約10%削減、環境負荷低減に貢献します。
  • LNGは液体燃料であるため、ディーゼル車とほぼ同等の時間での充填が可能です。また、燃料の搭載効率も良いことから、1充填あたり1,000km超の航続距離を実現しました。
  • 2021年7月に発表発売した「ギガCNG車」に採用した6UV1エンジンをベースに、LNG独自の燃料システムを搭載しました。タンクに備え付けられた熱交換器によってLNGを加温し、気化された状態でエンジンへ供給します。
  • 「ギガシリーズ」へ展開している歩行者検知機能付きプリクラッシュブレーキ(衝突被害軽減/衝突回避支援)やブラインドスポットモニターをはじめとする各種安全装置※2を搭載。重大事故に直結しやすい大型車の交通事故の低減に貢献します。
  1. ※1LNG(Liquefied Natural Gas=液化天然ガス)は、天然ガスを-162℃以下で冷却して液化させたものであり、燃焼時に発生するCO2排出量が化石燃料の中で最も少なく、環境負荷が小さいクリーンなエネルギーです。
  2. ※2一部安全装置を除く。
車型 主な仕様 エンジン
トランスミッション
東京地区希望小売価格
消費税抜 消費税込
QFG-CYL78CG
  • GVW25トン車
  • 歩行者検知機能付きプリクラッシュブレーキ標準装備
  • 可変配光型LEDヘッドランプ標準装備
  • ブラインドスポットモニター標準装備
  • ドライバーステータスモニター標準装備
  • ハイルーフキャブ標準装備
  • 高機能シート標準装備
  • キャブ付シャシ車
6UV1-TCN
243kW
(330PS)
9速AMT
31,512,000円 34,663,200円

関連ページ

以上

  • LINE

いすゞ、大型トラック「ギガCNG(圧縮天然ガス)車」を改良し発売 -低排出ガス性能はそのままに各種安全性能と居住性を向上-

カーボンニュートラルLNGバイヤーズアライアンス設立について