2023年07月25日
ニュースルーム

いすゞ、ESG投資指数「FTSE4Good Index Series」「FTSE Blossom Japan Index」の構成銘柄に初選定

いすゞ自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市、社長COO:南真介、以下「いすゞ」)は、当社のESG(環境・社会・ガバナンス)に関する取り組みが評価され、イギリスのFTSE Russell社が設定するESGの代表的指数「FTSE4Good Index Series」「FTSE Blossom Japan Index」の構成銘柄に初めて選定されました。

同社はロンドン証券取引所グループ(LSEG)の完全子会社(情報サービス部門)で、グローバルなインデックスおよびデータを提供しています。「FTSE4Good Index Series」※1は、ESG を実践している企業のパフォーマンスを測定するように設計されており、さまざまな市場参加者により、責任ある投資ファンドやその他の金融商品の設定・評価に利用されています。

「FTSE Blossom Japan Index」※2は、ESGについて優れた対応を行っている日本企業のパフォーマンスを測定するために設計されたもので、サステナブル投資のファンドや他の金融商品の設定・評価に広く利用されます。また、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)にも採用されています。

FTSE Russell社の評価は、コーポレート・ガバナンス、健康と安全、腐敗防止、気候変動などの分野におけるパフォーマンスに基づいています。「FTSE4Good Index Series」「FTSE Blossom Japan Index」の構成銘柄である企業は、ESGに関するさまざまな基準を満たすことが求められます。

いすゞは、「中期経営計画2024」※3で定めた「ESGを視点とした経営への進化」を通じて、新たな「運ぶ」を創造し、社会を豊かにしてまいります。

  1. ※1「FTSE4Good Index Series」について
  2. ※2「FTSE Blossom Japan Index」について
  3. ※3「中期経営計画2024」(2022年3月期~2024年3月期)
  • LINE