2021年05月13日
ニュースルーム

いすゞ「中期経営計画2024」(2022年3月期~2024年3月期)の策定

 いすゞ自動車株式会社(本社:東京都品川区、社長:片山正則)は、2024年3月期とその先の成長を見据え、新たな「中期経営計画2024」を策定いたしました。

 脱CO2化の潮流加速や止まらない物流への期待が高まる中、商用車に求められる社会課題に応えるため、「カーボンニュートラルへの取り組み」や「進化する物流への貢献」をイノベーションの基軸として取り組んでまいります。また、これらを支えるべく、いままでに培った事業基盤、多様なアライアンスを活かして、更なる事業拡大・収益向上を図ってまいります。

 そして、大変革期を乗り越え、認められ、存続できる企業(=サステナブルな企業)となるべく、ESGを視点とした経営を強化してまいります。

「中期経営計画2024」目標値
連結売上高
2兆7,500億円(2024年3月期)
連結営業利益
2,500億円(2024年3月期)
ROE
12.5%(2024年3月期)
配当性向
40%(中計期間平均)

中期経営計画の詳細はこちら

以上

  • LINE