2022年09月30日
ニュースルーム

大型車・車輪脱落事故防止に向けた確実な点検整備実施のお願い

近年、深刻な事態を引き起こす可能性がある大型車の車輪の脱落事故が、年間100件以上発生しています。令和4年2月に国土交通省に設置された「大型車の車輪脱落事故防止対策に係る調査・分析検討会」の調査では、タイヤ交換作業時の清掃不足、給脂の未実施、締付トルクの不足等の点検整備不良が主な原因とされています。
また、10月から翌年の2月にかけての冬用タイヤへの脱着作業後に発生件数が顕著に多い状況が続いていると共に、特に左後輪における車輪脱落事故が、多数を占めている状況です。
これらを踏まえまして、国土交通省および連絡会構成団体は、大型車の車輪脱落事故防止「令和4年度緊急対策」を実施いたします。
日本自動車工業会加盟の大型車自動車メーカー4社は、大型車をご使用の皆様に、ダイレクトメールをお送りし、タイヤ脱着作業時の適正なホイール・ボルトやナットの点検整備等の実施方法のお知らせと、初度登録から4年を経過した車両をお持ちの皆様には緊急点検のお願いをさせていただきます。

  1. 1【お知らせ】 タイヤ脱着作業時の適正な点検整備の実施方法
    適正なタイヤ脱着作業やホイール・ボルト、ナットの点検整備等について、ダイレクトメールに同封されているチラシ及び車両付属の取扱説明書を改めてご確認いただき、確実な点検整備実施をお願いたします。
  2. 2【緊急点検のお願い】
    ISO方式ホイール・ナットを採用した大型トラック・バスのうち、初度登録年月日が平成30年9月30日以前(初度登録年から4年超 :過去の事例からメンテナンス不足による経年劣化などにより車輪脱落事故発生確率が4年超経過車両にて高いため)の車両について、緊急点検をお願いいたします。
    • 緊急点検内容 :ダイレクトメールに同封されている作業要領書に記載。タイヤ交換作業を外部(タイヤショップ、自動車整備工場等)に依頼している場合は、依頼先にも要領書を確認いただき確実な実施を依頼願います。
  3. 3【ホイール・ナットの交換(無償提供)】
    上記の作業要領書に基づき緊急点検を実施した結果、劣化したホイール・ナットが見つかった場合には、交換が必要となります。
    その場合、ダイレクトメールに同封されている所定の用紙に必要事項をご記入の上、手順に従い提出いただきますと共にアンケートにご協力いただければ、交換した分の純正ホイール・ナットを無償提供させていただきます。
    • 手順につきましては、同封の「アンケートへのご協力依頼とホイール・ナットの無償提供手順書」をご確認ください。
    • 純正ホイール・ナットを無償提供させていただく対象車両は、緊急点検対象車とさせていただきます。(ISO方式ホイール・ナットを採用した大型トラック・バスのうち、初度登録年月日が平成30年9月30日以前)
    • 無償提供させていただく純正ホイール・ナットの数量は、該当する大型車の左側後輪分を最大とさせて頂きます。
      (無償提供の対象整備期間 :令和4(2022)年10月1日 から 令和5(2023)年2月28日)
    • 緊急点検の実施を外部(タイヤショップ、自動車整備工場、大型自動車メーカー系列店舗等)へ依頼される場合、依頼先での点検作業工賃は有料となります。
      あらかじめご承知おきください。

以上

  • LINE