2022年03月16日
ニュースルーム

いすゞ、Hondaとの燃料電池(FC)大型トラック共同研究車両の展示紹介について

いすゞ自動車株式会社(本社:東京都品川区、社長:片山 正則、以下、いすゞ)は、2020年1月に本田技研工業株式会社の研究開発子会社である株式会社本田技術研究所(本社:埼玉県和光市、社長:大津 啓司、以下、Honda)と燃料電池(FC)をパワートレインに採用した大型トラック(いすゞギガ)の共同研究契約を締結し、これまでにその技術の確立に向けた共同研究に取り組んでまいりました。

この度、東京ビッグサイトで3月16日~3月18日まで開催される「第18回 FC EXPO 水素・燃料電池展」※2のHondaブースにて、この共同研究の進捗状況を映像※1でご紹介します。

いすゞは『環境長期ビジョン2050』を定め、持続可能な社会の構築、地球規模での気候変動の抑制に向けた取組みを推進しております。これからの社会が豊かで持続可能な社会であるために、お客様やパートナーとともに地球環境への負荷を最小限にする挑戦を続け、脱炭素社会の実現に貢献してまいります。

  1. ※1下記の動画より短編映像をご覧いただけます。
  2. ※2「第18回 FC EXPO 水素・燃料電池展」
    主催者:RX Japan株式会社
    開催日程:2022年3月16日(水)~18日(金)
    会場:東京ビッグサイト 東6ホール
    FC EXPO公式ウェブサイトURL:https://www.fcexpo.jp/ja-jp.html
  • LINE

いすゞとHondaが燃料電池(FC)大型トラックの共同研究契約を締結