2021年09月24日
ニュースルーム

いすゞ、新型「MU-X」が2020年改正ANCAPで、最高評価となる5☆を獲得

いすゞ自動車株式会社(本社:東京都品川区、社長:片山正則、以下「いすゞ」)は、PPV(Passenger Pickup Vehicle)「MU-X」が、新型車を対象に安全性能を総合評価する「ANCAP(Australasian New Car Assessment Program)」において、2020年新プロトコルによる5☆を獲得したことをお知らせします。2021年8月に輸出を開始した豪州に続き、その他の国々へも順次展開※1してまいります。

今回豪州へ投入した新型MU-Xは、2020年9月にANCAP5☆を取得した小型ピックアップ・トラックのD-MAXと同様、いすゞ先進運転支援システムADAS(Advanced Driver Assistance System※2)を搭載、リアルワールドでの障害物検知にすぐれたステレオカメラにより、昼夜問わず安定した運転支援を実現します。更に衝突時の二次被害軽減のため、マルチコリジョンブレーキ機能等の最新安全装備を採用したことから、ANCAPにおいて高い安全性を評価されました。

  • ※1輸出仕向け地により仕様は異なります。
  • ※2ADAS(Advanced Driver Assistance System)機能一覧
  • 前方衝突警報
  • 衝突被害軽減ブレーキ
  • 交差点警報
  • 標識認識機能
  • インテリジェントスピードリミッター
  • マニュアルスピードリミッター
  • ふらつき警報
  • 車線逸脱警報
  • 車線逸脱抑制機能
  • レーンキープアシスト
  • エマージェンシーレーンキープ
  • ブラインドスポットモニター
  • マルチコリジョンブレーキ
  • リヤクロストラフィックアラート
  • オートマチックハイビーム
  • アダプティブクルーズコントロール
  • AT誤発進抑制機能

以上

  • LINE

いすゞ、「MU-X」を7年ぶりにフルモデルチェンジ