2021年09月17日
ニュースルーム

職域接種における新型コロナワクチンの廃棄について

令和3年9月16日(木)、新型コロナワクチンの職域接種を実施している当社藤沢診療所において、当日分のワクチンを保管用冷蔵庫から移動用保冷バッグに移し替える際、保冷バッグ内にワクチン1バイアル(10回接種分)が残っているのを発見しました。このワクチンは前日接種時の未使用品であり、常温で16時間経過させてしまったことにより、使用ができなくなったものです。本来であれば、前日の接種で未使用となったワクチンは、速やかに冷蔵庫に戻すべきでしたが、不良のあった注射器の処理作業等を優先した結果、ワクチンを冷蔵庫に戻すことを失念したことが原因です。

職域接種のために供給いただいた貴重なワクチンを廃棄してしまうことになり、深くお詫び申し上げます。当社は今回の事態を重く受け止め、今後このようなことがないよう、ワクチンの管理をさらに厳格化するとともに再発防止を徹底してまいります。

  • LINE

新型コロナワクチンの職域接種開始について