2020年05月
ニュースルーム

2019年度「DeuSEL®プロジェクト」出張授業(小学校、いすゞプラザ)活動実積

地域・社会貢献

いすゞでは、2014年から株式会社ユーグレナと「DeuSEL®プロジェクト」にて、次世代バイオディーゼルの共同研究を開始しました。
2020年3月31日、株式会社ユーグレナによる日本初のバイオジェット・ディーゼル燃料製造実証プラントでの次世代バイオディーゼルの完成と、いすゞの藤沢工場シャトルバスへの燃料供給を発表しました。

いすゞでは、2015年からDeuSEL®の仕組みやこの研究が、将来を見据えた活動であることを知ってもらい、子どもたちの知見を広めていただくことを目的に小学校での出張授業を行っています。
2019年度は、近隣の小学校での開催4回に加え、いすゞプラザでも小学生とその保護者を対象に出張授業を3回実施しました。
以下に実績(日時・開催場所・参加人数)をお知らせいたします。

実施日 実施校
2019年7月12日 神奈川県横浜市立鶴見小学校(38人)
2019年7月17日 神奈川県横浜市立獅子ヶ谷小学校(121人)
2019年7月20日 いすゞプラザ(49人)
2019年7月27日 いすゞプラザ(59人)
2019年11月9日 いすゞプラザ(64人)
2019年12月12日 神奈川県川崎市立坂戸小学校(93人)
2020年2月10日 神奈川県海老名市立東柏ヶ谷小学校(72人)

2020年度も引き続き活動を行ってまいります。

熱心に授業に耳を傾ける子どもたち
ミドリムシの動きを顕微鏡で観察中
DeuSEL®燃料で走るバスに興味津々の子どもたち
見て、聞いて、体験することで理解を深めてもらえました
  • LINE