2019年11月
ニュースルーム

いすゞプラザで「バスの日」イベント開催

地域・社会貢献

日本で初めてバスが走った日を記念した9月20日の「バスの日」にちなんで、今年もいすゞプラザでは、9月21日(土)に、バスに親しんでいただくことを目的とした「バスの日」イベントを開催しました。

イベントのメインは、炭素循環を目指し、ミドリムシからつくった地球環境にやさしい燃料で走るDeuSEL®バスの展示でした。ミドリムシから燃料がつくられる仕組みについてのパネル展示を行うとともに、DeuSEL®の業務を担当しているいすゞの社員が、来館者からの質問にお答えしました。

自由に見学が可能なバス車内では、バス運転手の制帽をかぶって運転席で記念撮影を行うこともでき、沢山のご家族が、運転席で笑顔を見せるお子様を撮影していました。

また、プラザ内のスタジオでは、いすゞのエルガバスをイメージしたキャラクター「エルガちゃん」の塗り絵を行い、その場でオリジナルの缶バッジを作成するワークショップが開催されたほか、「はこぶぅ~」の着ぐるみも登場するなど、子供から大人まで楽しめる充実した内容で、多くの人で賑わう一日になりました。

  • 「バスの日」:日本で最初にバスが京都市内で走ったとされる明治36年(1903年)9月20日に由来。1987年に全国バス事業者大会で制定されました。
撮影の順番を待つ家族連れの様子
担当の社員がDeuSEL®バスの仕組みを説明
スタジオで、塗り絵と缶バッジの製作を楽しむ参加者
完成した、世界に一つの「エルガちゃん」缶バッジ
  • LINE