2003年09月26日
ニュースルーム

『ミシュラン・チャレンジ・ビバンダム2003』 いすゞ、商用車世界初、直噴ディーゼルサイクルCNGエンジン搭載車(エルフ)を出展

直噴ディーゼルサイクルCNGエンジン搭載車(エルフ)

いすゞ自動車は、2003年ミシュラン・チャレンジ・ビバンダム(先進環境技術車展)に、単一燃料としては商用車世界初となる「直接燃料噴射式、ディーゼルサイクルCNGエンジン」を搭載した小型トラックの試作車『エルフCNG-DI』をウェストポート社(カナダ)と共同で出展した。現在のCNG技術に直噴ディーゼルエンジン技術の長所を取り入れ、一層の低燃費と低公害を両立させた。今回、低燃費部門と公害物質低排出部門で金賞を、騒音部門で銀賞を受賞した。

CNG技術と将来性:
現行のCNGエンジンは、ガソリンエンジンと同じ燃焼サイクル(オットーサイクル)を採用しており、PM及び黒煙を殆ど排出せず、さらに三元触媒によりNOx、CO、HCの排出量が極めて少ない。熱効率ではガソリンエンジンと同等で、ディーゼルエンジンよりは低くなっている。
今回『エルフCNG-DI』に搭載した「直接燃料噴射式、ディーゼルサイクルCNGエンジン」は、クリーンな排ガス特性はそのままに、直噴ディーゼルの熱効率の良さを加え、一層の低燃費=低CO2を実現した。
4.5リッター直4エンジンをベースに、いすゞはインタークーラー、可変ターボチャージャー、クールドEGRおよび酸化触媒、尿素還元式NOx触媒の開発を行い、電子制御コモンレール式直接燃料噴射システム、ホットサーフェス式着火システムについては、ウエストポート社と共同で開発を行ってきた。
これらの先進環境技術により『エルフCNG-DI』は、超高効率かつクリーンな燃焼・排ガス性能を実現し、日本での超低公害車(ULEV)基準(自社調べ)の達成が可能となっている。
今後も、いすゞでは、ディーゼルエンジンと共に、代替エネルギーを使用した低公害車の普及に努め、地球環境保護の推進に積極的に取り組んでいく。
  • 2003年9月現在自社調べ
主要諸元:
1. 排気量 4.5リッター
2. 形式 直列4気筒
3. 馬力/回転数 100kw(135ps)/2,200rpm
4. トルク/回転数 500Nm(50kg・m)/1,000rpm
5. 積載量 2.0トン
6. 総重量 6.0トン
7. 燃料タンク CNGボンベ2本
8. タンク圧 250bar
9. 航続距離 300km
<参考>
【ミシュラン・チャレンジ・ビバンダム(先進環境技術車展)】

  1. 1技術展概要
    • 1998年にミシュラン社のマスコット"ビバンダム"の生誕100周年を記念し、フランスで開催。
    • 今年で5回目の開催。
    • 自動車業界における世界的な"クリーン&グリーン"イベント。
    • 毎回100車以上の先進環境技術車が出展。
  2. 2今年度の特色
    • 日程:9月23日(火)~25日(木)
    • 会場:米国カリフォルニア州ソノマ・バレー
    • 圧縮天然ガス、水素、液化天然ガス、バイオ燃料、電気等のクリーン技術の出展。
    • ハイブリッド、燃料電池車が多くのメーカーにより展示。
    • トラックおよびバスのエントリーを開始。
    • 800社以上のメーカー、部品メーカーが参加。
    • 200名以上のジャーナリストが取材参加。
【ウェストポート社 概 要 】

社 名 :
ウェストポート・イノベーションズ
設 立 :
1995年
住 所 :
1700 West 75th Avenue
Vancouver BC
Canada V6P 6P2
Tel: 604 -718 -2000
代表者 :
David Demers, President and CEO

ウェストポート・イノベーションズは、クリーン・ナチュラルガス、プロパンガス、水素エンジン技術の開発会社。
いすゞ、MAN、フォード、BMWといったエンジンメーカーと技術開発提携を結んでいる。

【いすゞエルフにおけるCNGへの取り組み】

  • いすゞ自動車では、化石燃料の枯渇問題への対応の一つとして、天然ガスを燃料とする車両の開発に力を入れ、1993(平成5)年に『エルフCNG車』で運輸大臣(当時)認定を取得し、一般路での走行実験を開始した。
  • その後1996(平成8)年に一般販売を開始し、1998(平成10)年からは藤沢工場でライン生産を始めるなど、広く車両の普及に努めている。
  • 今年6月には累計の登録台数が5,000台を突破、シェア(エルフクラス)も約68%に達している。
<エルフCNG車の登録台数とシェア>
年度 1993 1994 1995 1996 1997 1998 1999 2000 2001 2002 2003※
いすゞ(台) 8 5 12 32 134 376 359 743 1544 1655 166
全需(台) 14 31 44 72 205 526 581 1059 2124 2431 241
シェア 57.1% 16.1% 27.3% 44.4% 65.4% 71.5% 61.8% 70.2% 72.7% 68.1% 68.9%
※2003年度分は03年4月から6月までの実績

以上

  • LINE