ニュースルーム

ジェミニ PF50ZHD型

車両解説

ベレットの後継車として、1971年に提携(ていけい)したGM社の初のワールドカー構想「T-Car」によって共同開発した小型乗用車。

ワールドカー構想とは、国際的な生産体制の下で、全世界スケールの乗用車を作ろうとする計画で、ジェミニはGMグループのドイツのアダム・オペル社の基本設計をもとに、日本の市場に適合させ、いすゞ独自の技術を加えた車で、ボディタイプはセダンとクーペの2種類があった。

オーストラリアやアメリカなどにも輸出され、ノックダウン輸出先のGMホールデン社のジェミニは、1975年度のオーストラリアにおける「Car of the Year」を受賞するなど高い評価を受けた。

仕様

エンジン型式 G161型
種類 水冷直列4気筒
排気量 1,584 cc
最高出力 100 PS (74 kW)
燃料 ガソリン
全長 4,135 mm
全幅 1,570 mm
全高 1,335 mm
ホイールベース 2,405 mm
車両重量 885 kg
乗車定員 5 人

受賞

・1975年度 オーストラリア「Car of the Year」

車名の由来

双子座より由来。いすゞとGMとの提携により共同開発されたグローバルカーがいすゞとお客様を信頼で結ぶことを願った名称。

PHOTO GALLERY

  • LINE