ニュースルーム

いすゞPA10型乗用車

車両解説

1942年に陸軍省と商工省より商工省自動車技術委員会に対して、国産高級乗用車の仕様について検討依頼があった。
委員会では、いすゞ自動車の前身であるヂーゼル自動車工業など3社に仕様書を提出させて審査し、商工省から翌年6月までに試作車2台を完成するように指示が出された。

ヂーゼル自動車工業では、当時乗用車の生産を行っていなかったことから、約6か月という短期間での完成は困難と思われたが、全社一丸となって開発に取り組み、1943年9月に試作車を完成させた。

前輪にトーションバー独立懸架方式(どくりつけんかほうしき)を採用し、低燃費で乗心地も良く、路上試験等の結果はきわめて良好であった。

仕様

エンジン型式 GA60型
種類 水冷直列6気筒
排気量 4,390 cc
最高出力 100 PS (74 kW)
燃料 ガソリン
全長 5,500 mm
全幅 1,850 mm
全高 1,800 mm
ホイールベース 3,400 mm
車両重量 2,200 kg
乗車定員 7 人
  • LINE