2024年05月15日
ニュースルーム

いすゞ、「人とくるまのテクノロジー展 2024」に出展

いすゞ自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市、社長COO:南真介、以下「いすゞ」)は、5月22日(水)~24日(金)にパシフィコ横浜(神奈川県横浜市)で、7月17日(水)~19日(金)にAichi Sky Expo(愛知県常滑市)でそれぞれ開催される「人とくるまのテクノロジー展 2024」(主催:公益社団法人自動車技術会)に出展します。両展示会の会期に先行して開催されるオンライン展示会にも出展し、いすゞのカーボンニュートラル(CN)への取り組みや、車両提供にとどまらない新しい価値創造を紹介します。

ブースイメージ
NO. 展示内容
1 ELFmio EV<実車・パネル展示>
2 カーボンニュートラルへの取り組み<パネル展示>
3 電気自動車(BEV)<動画・パネル展示>
4 燃料電池自動車(FCV)<パネル展示>
5 内燃機関車両(ICEV)<パネル展示>
6 自動運転技術<動画・パネル展示>
ELFmio EV

CN社会の実現と、ドライバー不足解決への提案として、AT限定普通免許で運転できる、車両総重量3.5t未満の小型BEVトラックの実車を展示します。いすゞの商品開発の基盤である「I-MACS」※を用いることで、車両の操作系やレイアウトをディーゼル車と可能な限り共通化。先進的な安全装備および運転支援機能を搭載することで、多様なドライバーに対応します。
※「Isuzu Modular Architecture and Component Standard」の略称。技術の進化や車型展開のさらなる広がりを見据えて、多様なニーズに合わせ、さまざまなコンポーネントや部品、デバイスなどの組み合わせを可能とする開発手法。

カーボンニュートラルへの取り組み

「2050年カーボンニュートラルに伴うグリーン成長戦略」の目標値達成に向け、商用車シフティングシナリオを作成し、パネルを展示します。今後のエネルギー動向や技術進展などの外部環境の変化に合わせてフレキシブルに動力源の選択を行い、お客さまのニーズに合わせた「選べるCN」をお届けできるよう、全方位で商品開発を進めています。

電気自動車(BEV)

CN社会における新たな価値創造への挑戦の一環として、バッテリー交換式ソリューション「EVision Cycle Concept」を提案します。車両とバッテリーの分離運用により、効率的な稼働や再生可能エネルギーの有効活用に貢献し、さまざまな社会課題の解決が期待できます。

国内初のBEVフルフラット路線バス「ERGA EV」を2024年度中に発売します。BEV化によるレイアウトの自由度を生かして車室内後部の段差をなくし、フロアのフルフラット化を実現。スムーズな加減速と低振動・低騒音で、乗客の安全性と快適性を向上させ、車内事故ゼロに貢献します。

燃料電池自動車(FCV)

航続距離が長い大型トラックには、エネルギー密度の高い水素を燃料とするFC技術の活用が有効であると考えています。いすゞと本田技研工業株式会社(Honda)は、共同研究による燃料電池大型トラック「GIGA FUEL CELL」の公道実証走行を昨年12月から開始し、2027年の市場導入へ向けたデータの取得、知見の蓄積、技術的課題の抽出などを進めています。

小型FCVトラックは、Commercial Japan Partnership Technologies 株式会社(CJPT)での協業において、トヨタ自動車株式会社と共同開発をしています。福島県、東京都、福岡県の水素利活用都市で、社会実装活動を進めています。

内燃機関車両(ICEV※1

商用車は積荷や走行距離などの関係により、内燃機関車両による輸送が最も高効率となる領域があります。いすゞは合成燃料やバイオ燃料などのCN燃料を活用し、輸送効率とCNの両立に取り組みます。会場では、リニューアブルディーゼル※2を活用した建設・輸送分野での実証や、e-methane(合成メタン)を製造する実証事業への協力について紹介します。
※1「Internal Combustion Engine Vehicle」の略称。
※2腐食油や廃動植物などを原料として製造されるバイオ燃料の一種。

自動運転技術

いすゞグループは、無人での自動運転が可能なレベル4相当の自動運転の実用化に向け、技術開発と実証実験を継続し、閉鎖空間から段階的に事業化へ移行していきます。経済産業省・国土交通省による自動運転社会実装プロジェクト「RoAD to the L4」における活動では、高性能センサーと制御システムを搭載した大型トラックの自動運転車両を開発しています。

<人とくるまのテクノロジー展 2024概要>

横浜会場
名称:
人とくるまのテクノロジー展 2024 YOKOHAMA
会期
2024年5月22日(水)~24日(金)
22日(水)・23日(木)10:00~18:00
24日(金)         9:00~16:00
会場:
パシフィコ横浜 展示ホール・ノース
ブースNo.:
120

オンライン展示会期間 5月15日(水)10:00~6月5日(水)17:00

名古屋会場
名称:
人とくるまのテクノロジー展 2024 NAGOYA
会期:
2024年7月17日(水)~19日(金)10:00~17:00
会場
Aichi Sky Expo(愛知県国際展示場)
ブースNo.:
6

オンライン展示会期間 7月10日(水)10:00~31日(水)17:00

以上

  • X
  • LINE