2023年05月12日
ニュースルーム

いすゞ、新たな経営理念体系「ISUZU ID」を策定 -ESG視点経営の深化、イノベーションを加速-

いすゞ自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市、社長COO:南 真介、以下「いすゞ」)は、いすゞグループの新たな経営理念体系「ISUZU ID(イスズアイディー)」を策定いたしました。

  • 新経営理念体系「ISUZU ID」を策定
    ‐ESG視点経営による企業カルチャー変革-

    100年に1度の変革期において、環境変化は日増しに加速しており、事業は複雑性を増しています。いすゞは、こうした状況下でさまざまな社会課題を解決し、商用車業界をリードする存在になるべく挑戦したいと考えています。そのためには、いすゞグループ従業員一人ひとりが高い視座に立ち、同じ価値観を共有しながら、一丸となって社会課題の解決に取り組むことが必要と考え、その指針となる新たな経営理念体系「ISUZU ID」を策定しました。

    【「ISUZU ID」の概要】

    • PURPOSE(使命):地球の「運ぶ」を創造する
      従来の企業理念*の枠を超え、お客様、そしてパートナーの皆さまと地球上のすべてのモノ・ヒトの「運ぶ」を主体的に創造するとともに、カーボンニュートラルへの対応や、進化する物流への貢献など、新たな「運ぶ」の価値を提供し、社会を豊かにしていきたい、という決意を表しています。
    • VISION(将来像):「安心×斬新」で世界を進化させるイノベーションリーダー
      あらゆる社会課題の解決に貢献していくために、従来大切にしてきた「安心」に、「斬新」を掛け合わせ、「イノベーションリーダー」を目指します。
    • MISSION(任務):あなたと共に「運ぶ」の課題を解決する
      すべての人々と共に社会を前進させるという意志を込め、4つの分野(お客様満足度・地球へのやさしさ・働きがい・社会への影響力)でNo.1を目指し、日々努力します。
    • CORE VALUE(コア・バリュー):相互成長
      イノベーションリーダーとして、一人ひとりが挑戦・変化・貢献する意欲を持ち、集団として尊重・信頼・刺激し合うことで、成長していきます。
    • 【「ISUZU ID」のデザイン】
      一人ひとりの価値観から使命まで、すべてをつなぐリボンとして表現しています。また、このリボンはさまざまな変化や挑戦にしなやかに対応し、自在に形を変えながら、すべての行動・仲間全員を束ねていくイメージを重ねています。

  • 「ISUZU ID」に基づき、カーボンニュートラルと物流DXを加速
    ‐2030年までに総額1兆円規模のイノベーション投資-

    「ISUZU ID」の使命である「地球の『運ぶ』を創造する」ために、2030年までにカーボンニュートラルや物流DXなどの対応に総額1兆円規模の研究開発・設備投資・事業投資を行います。

    1. 1カーボンニュートラル
      ・全カテゴリーへの電動車導入、ラインアップ拡充の本格化
      ・お客様や社会の脱炭素化に貢献するサービスの拡充
      ・事業所のCO2削減・資源循環の推進
    2. 2物流DX
      ・コネクテッドサービスの進化・拡充
      ・自動運転の実用化に向けた技術開発
      ・新時代の「運ぶ」を創造する新サービスの可能性を追求

以上のイノベーション投資の成果は、引き続き、アライアンスパートナーやお客様との協創活動によって、広く社会に還元することを企図しています。
また、より具体的な取り組み内容については、今後、適切なタイミングで公表する予定です。

いすゞは、「地球の『運ぶ』を創造する」を通じて、社会課題の解決に貢献し、世界を進化させるイノベーションリーダーを目指してまいります。

*従来の企業理念
<「運ぶ」を支え、信頼されるパートナーとして、豊かな暮らし創りに貢献します。>

以上

  • LINE