2023年02月03日
ニュースルーム

大型観光バス「ガーラ」、中型観光バス「ガーラミオ」、ハイブリッド路線バス「エルガハイブリッド」の新燃費試験法(JH25モード)に基づく燃費値表示への対応の遅れに関するお知らせ

いすゞ自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市、社長:片山正則、以下いすゞ)は、日野自動車株式会社(本社:東京都日野市、社長:小木曽聡、以下日野)との合弁会社であるジェイ・バス株式会社で生産する、大型観光バス「ガーラ」の一部、中型観光バス「ガーラミオ」、ハイブリッド路線バス「エルガハイブリッド」(いずれも日野製「A05C」エンジン搭載)において、新燃費試験法(JH25モード)に基づく、カタログ等での燃費値表示への対応が遅れる見込みとなりましたので、お知らせいたします。

これは、日野において、エンジン認証不正問題の対応による開発スケジュールの変更等により、JH25モードでの燃費測定および申請業務が遅れているためです。

今後、日野において、JH25モードでの燃費表示に向け、本年9月頃までを目途に順次対応していく見込みです。それまでの間、現行の重量車モードの燃費表示である旨をカタログ等に明記し、お客様に誤解のないよう努めるとともに、混乱のないよう丁寧な対応を徹底してまいります。
なお、この度の燃費表示の変更は、車両自体の変更を伴うものではなく、保安基準適否および、実際の燃費性能や安全性に影響はございません。

お客様をはじめとしたステークホルダーの皆様におかれましては、多大なるご迷惑とご心配をおかけいたしますことを、深くお詫び申し上げます。

以上

  • LINE