2022年12月23日
ニュースルーム

いすゞ、大型路線バス「エルガ」および中型路線バス「エルガミオ」を改良し発売 -ドライバーの異常を自動検知して車両を停止する機能を追加-

いすゞ自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市、社長:片山正則、以下いすゞ)は、大型路線バス「エルガ」および中型路線バス「エルガミオ」を改良し、本日より全国一斉に発売いたします。

大型路線バス「エルガ」
エルガ
中型路線バス「エルガミオ」
エルガミオ

いすゞは安全性の向上や、交通事故の解消といった社会課題の解決に向けた取り組みを進めています。今回の改良では、ドライバー異常時対応システム(EDSS:Emergency Driving Stop System)に自動検知機能を追加し、また周囲の照度に応じて、自動的にヘッドランプのロービームを点灯および消灯するオートライト機能の追加、バックカメラおよびモニターの標準装備など安全性の向上を図ることで、ドライバーの安全運転をサポートし事故抑制に貢献します。

主な特長は以下の通りです。

ドライバー異常時対応システム(EDSS:Emergency Driving Stop System)に自動検知機能を追加

2019年に標準装備したEDSSは、走行中、ドライバーが急病などで安全に運転できない状態に陥った場合、乗客やドライバーが非常ブレーキスイッチを押すことで、減速して車両を停止させます。今回の改良では、脇見や居眠り、ドライバーの異常をピラーに搭載されたカメラでモニターする自動検知式EDSSを国内の路線バスで初めて採用しました。
脇見や居眠りを検知した場合、運転席シートのバイブレーターを作動させることでドライバーに警報し、注意を促します。
また、ドライバーがハンドルに倒れ込むなどの運転姿勢の崩れを検知した場合、運転席シートのバイブレーターの作動および運転席EDSSスイッチの点滅によりドライバーに運転継続が可能か状況を確認します。その後、ドライバーの異常を判定するとEDSSが自動で作動し、減速して車両を停止させます。車内では音声アナウンスと赤色フラッシャーランプにより、異常時であることを乗客に伝達します。さらに、車外にはホーンを鳴らし、ハザードランプとブレーキランプを点滅させて異常事態を知らせます。

<脇見・居眠りの場合>
<ドライバーの異常※を検知した場合>
  • ドライバーの異常:国交省ガイドライン規定の7パターン(突っ伏し・うつむき・仰け反り・えび反り・首のみ横倒れ・横倒れ・横もたれ)をドライバーステータスモニターが検知した場合。なお、マスクやサングラス等で顔の一部が隠れると検知できない場合があります。

2025年度燃費基準適合
自動車の省エネルギー化と地球温暖化対策の更なる推進のため、2025年度を目標年度とする重量車(GVW3.5トン超、トラック・バス等)の新たな燃費基準が策定され、この基準に対応しました。大型路線バス「エルガ」については、本モデルにおいて2025年度燃費基準値を達成しました。

法規対応
周囲の照度に応じて、自動的にヘッドランプのロービームを点灯および消灯するオートライト機能を追加し、夕暮れ時や夜間走行時の視認性を向上しました。また、バックカメラおよびモニターを標準装備し、車両後退時の事故抑制に貢献します。
 ※オートライト法規:2023年10月~  バックカメラモニター法規:2024年5月~

バス車内の抗菌対策・換気性能の向上
新型コロナウイルスの感染拡大防止に向けた取り組みとして、車内の握り棒や伝い歩き棒など多くの人が直接触れる部分の抗菌化を標準仕様としました。また、新たに一部座席の足元にエアアウトレットグリルを追加するなど、車内外からの排気・吸気能力の向上を図り、換気性能を向上しました。

<エアアウトレットグリル>

関連ページ

以上

  • LINE

いすゞ、路線バス「エルガ」、「エルガミオ」を改良し発売 -全車型で平成27年度重量車燃費基準を達成 エルガミオにAT車追加-

いすゞ、大型路線バス「エルガ」および中型路線バス「エルガミオ」を改良し発売 -ドライバー異常時対応システム(EDSS)を全車標準装備-