2021年09月29日
ニュースルーム

いすゞ、中型観光バス「ガーラミオ」を改良し発売 -衝突被害軽減ブレーキなどの先進安全装備を大幅に拡充し、安全性を向上-

 いすゞ自動車株式会社(本社:東京都品川区、社長:片山正則、以下「いすゞ」)は、中型観光バス「ガーラミオ」を改良し、本日より全国一斉に発売します。

中型観光バス「ガーラミオ」

 今回の改良では、衝突被害軽減ブレーキ(AEBS:Advanced Emergency Braking System)やドライバー異常時対応システム(EDSS:Emergency Driving Stop System)をはじめとする各種先進安全装備の大幅な拡充により、ドライバーの安全運転をサポートし事故抑制に貢献します。また、オートライトとオートハイビームを標準装備し、夕暮れ時や夜間走行時の視認性を向上しました。

主な特長は以下の通りです。

【先進安全装置の拡充】
  • 歩行者検知機能付衝突被害軽減ブレーキシステム(衝突被害軽減/衝突回避支援)

ミリ波レーダーに加え、カメラによる形状認識で歩行者と自転車を検知します。低速で走行する先行車や歩行者に対し、衝突のおそれが高まると、警告ブザーとディスプレイ表示で、ドライバーによるフットブレーキ操作を促します。その後、さらに危険な状況に進行した場合は、警報に加えブレーキが作動し、衝突回避をサポートします。衝突が避けられない場合は、ブレーキを作動させ衝突速度を低減し、被害の軽減を支援します。

  • 車線逸脱警報(LDWS:Lane Departure Warning System)

室内搭載のカメラで走行車線を認識し、車両が走行車線から車線を逸脱するとシステムが判断した場合、警報音とインジケーターの表示でドライバーに注意を促します。

  • 車両安定制御システム(EVSC:Electronic Vehicle Stability Control)

ドライバーの操作状況や車両挙動をセンサーで検知し、横滑りや横転につながる不安定な車両姿勢と判断された場合に、警報音とインジケーター表示による警告と同時に、エンジンおよびブレーキの制御を行い、事故の抑制に貢献します。

  • ドライバー異常時対応システム(EDSS:Emergency Driving Stop System)

ドライバーに急病などの異常が発生した際、ドライバーや乗客がドライバー席スイッチを押すか、乗客が客席上部に設置された客席スイッチを押すことで、ブレーキ制御を自動で開始、徐々に速度を落として停止します。作動時、車内では非常ブザーが鳴るとともに客席スイッチ内蔵ランプが点灯し、赤色フラッシャーが点滅。また車外にはホーンを鳴らし、ストップランプとハザードランプを点滅させることで、周囲に異常事態を知らせます。

客席スイッチ(ルームラックの最前列上部に2か所設置)
ドライバー席スイッチ
フラッシャーランプ(客席前方)
車両停止後ハザードランプ点滅
  • オートライト(自動点灯ライト)&オートハイビーム

周囲の明るさに応じてヘッドランプ等を自動的に点灯・消灯するオートライト機能に加え、夜間走行中に対向車や先行車がない場合は、ハイビームへ自動的に切り替えを行うオートハイビーム機能を搭載。夕暮れ時や夜間走行時の視認性向上を図りました。

[オートライト]
[オートハイビーム]

<目標販売台数>

150台/年

<東京地区希望小売価格>

車型 全長 エンジン トランス
ミッション
ボディ
仕様
乗車定員 東京地区希望小売価格
消費税抜 消費税込
中型観光バス
ガーラミオ
2DG-RR2AJDJ
9m A05C
<A5-VIII>
6速AMT 「M-I」グレード
送迎9列 (写真掲載)
45名 16,825,000円 18,507,500円
「M-II」グレード
送迎9列
41名 19,090,000円 20,999,000円
「M-III」グレード
送迎8列
35名 21,170,000円 23,287,000円

「歩行者検知機能付プリクラッシュブレーキ」をはじめとする各種安全装置は、ドライバーの安全運転と車両安定性を支援するシステムであり、車両の限界を超えた走行を可能にするものではありません。本装置を過信せずに、常に安全運転を心掛けてください。

関連ページ

以上

  • LINE