ニュースルーム

(参考)シミュレーション精度向上のための実車による検証

 いすゞ自動車では、バスの換気シミュレーションの精度向上のため、実車で各特性を測定し、データの検証を行いました。

換気回数測定
 換気シミュレーションでは、空気が流れ込む乗降扉等の隙間を考慮する必要がありますが、設計図面では隙間があるかわかりません。そこで、実車を使って換気回数や隙間の寸法を実測し、データの検証を行いました。(図6、図7)

CO2ガスによる換気回数測定の様子(図6)

換気時間についての実車による検証(図7)
車速 20km/h 20km/h
開(5cm)
換気扇 あり(排気) あり(排気)
エアロゾルフィルター なし なし
(協力:産総研・旭化成・カノマックス・エスペック)
車内流れの特性把握
 車内の空気の流れの特性を把握するため、ヘリウムバブルを使って可視化し、流速の測定および流れの検証(動画6)を行いました。

ヘリウムバブルPIV(粒子画像流速測定法)による流れの検証(動画6)
(協力:産総研・旭化成・カノマックス・エスペック・豊橋技科大・東工大)

以上

  • LINE