2010年08月04日
ニュースルーム

大型路線バス・大型自家用バス『エルガ』、大型観光バス『ガーラ』をポスト新長期排出ガス規制に適合させ発売

いすゞ自動車株式会社(社長:細井 行、以下いすゞ)は、大型路線バス・大型自家用バス『エルガ』と大型観光バス『ガーラ』を改良し、平成21・22年排出ガス規制(ポスト新長期規制)に適合させるとともに、平成27年度重量車燃費基準達成車を大幅に拡大し8月4日より発売します。

今回発売する『エルガ』と『ガーラ』では、開発コンセプトである『See Technology(シー・テクノロジー)』に基づき、安全技術(Safety)、経済技術(Economy)、環境技術(Environment)の3つの基本性能を柱に、世界で最も厳しい水準の平成21・22年排出ガス規制に対応すると同時に、特に燃費向上と安全に特化した商品力の向上を進めました。

今回の改良により、『エルガ』では主力の14トン超クラスで平成27年度燃費基準達成車にオートマチック(300PS)車を新たに加え、基準達成車比率を83%まで高めました。『ガーラ』は12m車(SHD※1/HD※2)で全車平成27年度燃費基準を達成しています。

  1. ※1スーパーハイデッカー
  2. ※2ハイデッカー

平成27年度燃費基準達成車は平成21年度税制改正特例措置(エコカー減税)の対象となり、新車購入時の自動車重量税と自動車取得税が減税されます。

大型ノンステップバス エルガ(LKG-LV234N3)
大型観光バス ガーラ SHD(スーパーハイデッカー)
貸切11列車(LKG-RU1ESBJ)

主な特長は次の通りです。

  1. 1大型路線バス・大型自家用バス『エルガ』の主な特長
    【環境性能】
    • ディーゼルエンジン全車に、DPD+尿素SCRシステムを採用しました。
    • ポスト新長期排ガス規制の適合に加え、ディーゼルエンジン車はPMについて規制値よりさらに30%低減し、九都県市低公害車指定制度の平成21年基準「優」低公害車に適しています。(燃費基準達成車のみ)
    【経済性能】
    • 全車、トランスミッションを6速化し、ディーゼルエンジン車の主力である14トン超クラス(低馬力<260PS>のAT車を除く)で重量車燃費基準を達成しました。また、エンジンの改良とギヤ比の最適化により、動力性能と低燃費を両立させました。
    • ディーゼルエンジンの燃料噴射量のコントロールにより、発進性能のキーとなるゼロ・ブースト時のトルクを向上させました。また、全車に発進時、エアコンの出力制御(クーラーのコンプレッサの作動容量を一時的に抑制)を行うことで、エンジンへの負荷を低減し動力性能と低燃費を両立させました。
    • ECON モードをディーゼルエンジン全車に標準設定、無駄な加速を抑制し、省燃費運転をよりサポートします。
    【安全性能】
    • ABSの全車標準化をはじめ、出入口仕切りの構造の見直しを行い、安全性を向上しました。
    【その他】
    • 全車、ホイールの取り付けに新・ISO方式を採用し、整備性の向上を図りました。
    • シックハウス症候群の一因であるVOC(揮発性有機化合物)の室内濃度をさらに改善しました。
  1. 2大型観光バス『ガーラ』の主な特長
    【環境性能】
    • 12m車(SHD/HD)は、エンジンの改良+PM除去装置に加え尿素SCRを組合わせポスト新長期排出ガス規制に適合しました。
    • 9m車(HD-9※3)は、尿素SCRを使用せずエンジンの改良+改良型PM除去装置でポスト新長期(平成21年※4・22年※5)排出ガス規制に対応しました。
      1. ※3ハイデッカーナイン
      2. ※4車両総重量12トンを超える車型(排出ガス記号LDG-車)。
      3. ※5車両総重量12トン以下の車型(排出ガス記号SDG-車)。
    • ポスト新長期排ガス規制の適合に加え、PMについてはさらに規制値から30%低減し、九都県市低公害車指定制度の平成21年基準「優」低公害車に適合しています。(燃費基準達成車のみ)
    【経済性能】
    • エンジンの燃焼改善、12m車のエンジン低回転高トルク化、12m車の駆動系のギア比の見直し、リヤスポイラーの空力特性を改善し、燃費を向上しました。また12m車は全車平成27年度燃費基準を達成しています。
    • 燃費制御機能、省燃費運転支援装置の装備により、一層の低燃費走行を可能にしました。
    【安全性能】
    • 「衝突被害軽減ブレーキ」を全車標準化しました。追突被害を軽減します。
    • 「車間制御クルーズ・車間警報」を全車標準化しました。先行車両と一定の車間距離を保ち、アクセル、ブレーキを自動制御して自動的に追従走行、ドライバーの長時間運転による疲労を軽減、安全運転をサポートします。
    • パラボラ式ヘッドランプを採用。反射面を大型一体化して、ロービーム光源を中央にレイアウト、左側の光を左前方へ集めて、路肩の歩行者、路上落下物の視認性を高めました。
    【その他】
    • 全車、ホイールの取り付けに新・ISO方式を採用し、整備性の向上を図りました。

<目標販売台数(国内)>
エルガシリーズで800台/年
ガーラシリーズで400台/年

<東京地区希望小売価格>

【大型路線バス エルガ 東京地区希望小売価格】
※添付写真
車型 エンジン/
トランスミッション
ボディ仕様 希望小売価格
消費税抜 消費税込
LKG-LV234N3※ 6HK1-TCS(221kW/300PS)
/6速MT
ノンステップ
都市型前乗
23,880,000円 25,074,000円
【大型観光バス ガーラ 東京地区希望小売価格】
車型 エンジン/
トランスミッション
ボディ仕様 希望小売価格
消費税抜 消費税込
LKG-RU1ESBJ※ 331kW(450PS)
/6速MT
SHD 貸切11列 42,905,000円 45,050,250円
LDG-RU8JHBJ 206kW(280PS)
/6速MT
HD-9貸切8列 29,230,000円 30,691,500円

また、今回、日産自動車(株)からのOEM商品であるマイクロバス 『ジャーニー』に関しても、一部仕様変更を行い、発売いたします。

以上

  • LINE