2005年12月27日
ニュースルーム

いすゞ『コモ』を改良し発売 - 平成18年灯火器法規に適合 -

コモ
コモ

いすゞ自動車(株)は、ワンボックス車『コモ』(バン、マイクロバス、ワゴン)のフロント廻りデザインを見直し、平成18年灯火器法規に適合させる等の改良を施し、12月27日より全国一斉に発売します。

主な特長は次の通りです。

  1. 1フロント廻りデザイン変更
    • グリル、ヘッドランプ、フロントパネル、バンパー廻りを変更して外観イメージを一新しました。
    • 平成18年灯火器法規に適合させました。
  2. 2電動格納式ドアミラー設定
    (バンLS、ワゴン8人乗り、10人乗りLSに標準。バンLD、マイクロバスはオプション。)
    • 電動格納式ドアミラー(リモコンメッキドアミラー)を採用しました。
    • フロントアンダーミラーは新デザインの別置きタイプとしました。

なお、『コモ』は、日産自動車株式会社の「キャラバン」をベースに、OEM (相手先ブランド供給) 契約に基づきいすゞ自動車に供給されています。

<目標販売台数> 『コモ』シリーズ全体で 1,800台/年

<コモ 東京地区希望小売価格>

(※写真添付)
車型 エンジン 定員 主な仕様 グレード 東京地区希望小売価格
消費税抜 消費税込
KR-JVWE25-SF53DUA
(※)
ZD30DDTi 3 2WD、ロングバン標準フロア、平床、4AT LD 2,148,000円 2,255,400円
  • LINE