2004年07月30日
ニュースルーム

シュレッダーダスト・エアバッグ類・フロン類 3品目のリサイクル料金を公表

いすゞ自動車(株)(以下いすゞ)は、2005年1月の自動車リサイクル法(使用済自動車の再資源化等に関する法律)本格施行に向け、お客様から預託を受けるリサイクル料金を下記の通り決定した。

今回、自動車リサイクル法で自動車メーカーが回収、再資源化を義務づけられている使用済自動車のシュレッダーダスト(自動車破砕残さ)・エアバッグ類・フロン類の3品目について、リサイクル料金は、車名・型式単位で設定した。

いすゞは、自動車リサイクル法における使用済自動車のシュレッダーダスト・エアバッグ類・フロン類の引取り、再資源化を適正・確実かつ、効率的に行うとともに、自動車リサイクルの推進に積極的に取り組んでいく。

<現在販売している代表的車種の1台当りリサイクル料金>

(単位:円)
車名 代表型式 シュレッダーダスト エアバッグ類 フロン類 合計
大型トラック「ギガ」 EX・CY・CX・CV 9,420 2,180 2,100 13,700
中型トラック「フォワード」 GS・FT・FS・FR 6,830 2,180 2,100 11,110
小型トラック「エルフ」 NQ・NP・NK・NH 4,790 1,320 2,100 8,210
大型観光バス「ガーラ」 LV 42,260~51,230 2,300 8,070 52,630~61,600
大型路線・自家用バス「エルガ」 LV 39,650 0 8,070 47,720
中型自家用・観光バス「ガーラミオ」 LR 29,050 2,180 8,070 39,300
中型路線バス「エルガミオ」 LR 29,050 0 8,070 37,120
小型バス「ジャーニー」 W41 16,750 0~2,180 4,620 21,370~ 23,550
1ボックス「コモ」 E25 6,950~11,230 2,180~2,840 2,100 11,230~16,170
  1. 注1.シュレッダーダストの料金は、車種・型式毎のシュレッダーダスト重量により設定した。
  2. 注2.エアバッグ類の料金は、エアバッグ及びシートベルトプリテンショナー等の個数により設定した。
  3. 注3.フロン類の料金は、フロン類使用量で3つのクラス(乗用車から大型トラック、小型バス、大型バス)に 分類し設定した。
  4. 注4.リサイクル料金には、自動車リサイクル法対象外の架装物の処理費用は含まれていない。
  5. 注5.リサイクル料金は、各装備の有無、組合せで異なる。

上記の車両を保有するお客様は、来年1月以降の継続検査(車検)時・廃車時等にリサイクル料金の支払いが必要となる。また、リサイクル料金の額に加えて、国の認可を受けた資金管理料金・情報管理料金(継続検査(車検)時・廃車時等は610円、新車購入時は510円)の支払いが必要となる。

上記を含む主要車種のリサイクル料金については、いすゞのホームページで本日以降掲載する。
併せて、エアバッグ類・フロン類の回収・運搬に関わる事業者への支払料金等についても、ホームページに掲載する。
(https://www.isuzu.co.jp/company/csr/eco/recycle/index.html)
その他の車種については準備が整い次第、順次公表する。
また、お客様が所有する車両のリサイクル料金を、ホームページ上で個別に照会できるシステムを現在自動車メーカー、輸入業者共同で構築中であり、年内の稼動を予定している。

以上

  • LINE