2001年04月18日
ニュースルーム

通期業績予想の修正に関するお知らせ

最近の業績の動向等を踏まえ、平成12年11月27日の決算発表時に公表した、平成13年3月期 (平成12年4月1日~平成13年3月31日)の業績予想を下記のとおり修正しましたのでお知らせ致します。

  1. 1連結業績
    1. 1連結通期業績予想数値の修正(平成12年4月1日~平成13年3月31日)
    2. (単位:百万円、%)
        売上高 経常利益 当期純利益
      前回発表予想(A) 1,530,000 △ 32,000 △ 19,000
      今回修正予想(B) 1,530,000 △ 50,000 △ 67,000
      増減額(B-A) 0 △ 18,000 △ 48,000
      増減率(%) - - -
      前期(平成12年3月期)実績 1,506,642 △ 68,047 △ 104,186
    3. 2連結業績予想修正の主な要因
      1. 1単独業績予想の下方修正。
      2. 2国内販売競争激化による収益計画の未達。 等
        今後予想される一部生産の再配置を前提に、平成13年3月期で臨時償却費等を計上。
        主として有価証券等において、株価が低落した重要なものにつき、評価損を追加計上。
  2. 2単独業績
    1. 1単独通期業績予想数値の修正(平成12年4月1日~平成 13年3月31日)
    2. (単位:百万円、%)
        売上高 経常利益 当期純利益
      前回発表予想(A) 820,000 △ 5,000 △ 11,500
      今回修正予想(B) 830,000 △ 11,000 △ 58,000
      増減額(B-A) 10,000 △ 6,000 △ 46,500
      増減率(%) 1.2 - -
      前期(平成12年3月期)実績 836,123 △ 55,412 △ 103,861
    3. 2単独業績予想修正の主な要因
      1. 1経常利益段階では、国内外の販売競争激化に伴う販売支援費等の増加。
      2. 2当期利益段階では、国内販売会社等の財務体質強化に伴う投資評価損の計上。
        今後予想される一部生産の再配置を前提に、平成13年3月期で臨時償却費等を計上。
        主として有価証券等において、株価が低落した重要なものにつき、評価損を追加計上。
  3. 3その他

    現在、早期の収益基盤強化と将来に亙る安定した成長を確保するため、中期経営計画を策定中です。
    具体的な内容、中期的な収益見通しにつきましては、5月下旬の決算発表時に公表致します。

以上

  • LINE