先進安全装置_2 | 安全性 | ISUZU:GIGA(大型トラック)

自車だけでなく、すべての人を守るために。
運行中の様々な危険を察知し、ドライバーに注意を喚起。

自車だけでなく、すべての人を守るために。運行中の様々な危険を察知し、ドライバーに注意を喚起。

  • 死角エリアの物体を検知し警告ブラインドスポットモニター(BSM)

    キャブの四方にミリ波レーダーを発し、死角エリアの自動車/バイク/自転車/歩行者などを検知してドライバーにアラームとピラー部の警告灯で警告。交差点での右左折時や出会い頭、車線変更時などの事故抑制に効果を発揮します。

    *【交差点右左折時】自車速:約3〜27km/h 警報対象速度:約5〜20km/hで作動します。
    *【車線変更時】自車速:約35〜90km/h 警報対象速度:約25〜120km/hで作動します。
    *【交差点での出会い頭】自車速:約0〜27km/h 警報対象速度:約20〜60km/hで作動します。

    検知エリア(イメージ)

    検知エリア(イメージ)

    ピラー部のランプで警告

    ピラー部のランプで警告

  • 交差点右左折時

    交差点右左折時

    交差点での出会い頭

    交差点での出会い頭

    車線変更時

    車線変更時

  • 脇見/居眠り運転の抑制に貢献ドライバーステータスモニター(DSM)

    ドライバーの脇見/開眼/運転姿勢の状態をピラーに搭載されたカメラでモニターし、前方への注意不足を検知するとアラームと音声およびマルチインフォメーションディスプレイで警告を発し、注意喚起。居眠り運転等の事故抑制に貢献します。*自車速60km/h以上で作動します。

  • 交差点右左折時

  • ドライバー異常時対応システム
    (EDSS:Emergency Driving Stop System)

    ドライバーに急病などの異常が発生した際、EDSSスイッチを押すことで、車両が自動で制動をかけ停止します。車外へは制動灯とハザードの点滅とホーンにより、注意喚起を行ないます。EDSSスイッチが押されない場合でも、ドライバーステータスモニター(DSM)によるドライバーの異常検知により、システムが作動し、速度を徐々に落として停止させます。作動時はあらかじめ設定した宛先にメール通知でお知らせが可能です。

    EDSSスイッチ

    EDSSスイッチ

  • ドライバー異常時対応システム

  • ふらつき運転/接触事故の抑制に貢献車線逸脱警報(LDWS)

    走行車線の左右白線をカメラで検知し、車線を逸脱しそうになると左右それぞれのスピーカーからのアラームとマルチインフォメーションディスプレイの警告表示でドライバーに注意を喚起します。*自車速60km/h以上で作動します。

  • 可変配光型LEDヘッドランプ

●ブラインドスポットモニター、ドライバーステータスモニター、ドライバー異常時対応システム(EDSS)、車線逸脱警報(LDWS)は、ドライバーの安全運転を支援するシステムです。機能には限界があり、路面や天候等の条件によっては作動しない場合があります。機能を過信せずにつねに安全運転を心がけてください。詳しくは最寄りの販売会社営業担当者にお問い合わせください。