先進安全装置_1 | 安全性 | ISUZU:GIGA(大型トラック)

毎日の安全運行をこだわりの先進技術でサポート制御。
交通事故の低減、ドライバーの運転負荷軽減に貢献。

毎日の安全運行をこだわりの先進技術でサポート制御。交通事故の低減、ドライバーの運転負荷軽減に貢献。

  • 横断歩行者や自転車等の検知も可能プリクラッシュブレーキ(衝突回避支援/衝突被害軽減)

    走行中、ミリ波レーダーとカメラが常に車両前方を検知・分析。先行車/歩行者との車間距離に応じて、警報やブレーキ制御を行ないます。低速で走行する先行車/歩行者に対し、衝突の恐れが高まると、警報に加え、早いタイミングでフル制動し、衝突回避をサポートします。衝突が避けられない場合は、ブレーキを作動させ衝突速度を低減し、被害の軽減を図ります。

  • プリクラッシュブレーキ(衝突回避支援/衝突被害軽減)

*先行車の速度が10km/h以上、相対速度が70km/h以内で衝突回避を支援。相対速度が70km/hを超える場合は衝突被害を軽減します。
*対歩行者では自車速25km/h以内で衝突回避を支援します。 *自車速10km/h以上で作動します。

  • 停止/発進まで含め、全車速域に対応全車速ミリ波車間クルーズ(スムーサーGx搭載車に標準)

    設定した車間距離を維持するように、加速/減速のみならず、停止/発進まで含めた全車速域での制御を行なうことで、ドライバーの疲労軽減、安全運行に貢献します。

  • 全車速ミリ波車間クルーズ(スムーサーGx搭載車に標準)

  • 車線を維持するよう、
    ステアリング操作を電動アシスト
    レーンキープアシスト(LKA)

    走行車線の左右白線をカメラで検知し、車線を逸脱しそうになると、システムがステアリング操作を電動アシスト制御。ふらつき運転や車線逸脱による事故の抑制に貢献します。また、車線に沿って走りやすいようアシストし、高速道路での長時間走行など、運転疲労軽減にも貢献します。

    *自車速65〜90km/hで作動します。

  • レーンキープアシスト(LKA)

  • ハイビームを自動で制御し夜間の視認性向上可変配光型LEDヘッドランプ

    ハイビーム走行時、前方をカメラで検知し、先行車や対向車に光が当たる箇所のみを自動で遮光します。さらに自車速に応じ自動で光を集光したり(高速時)拡散したり(低速時)、ハンドル操作に応じ照射方向も自動で制御します。夜間の視認性向上、安全運行に貢献します。*自車速15km/h以上で作動します。

  • 可変配光型LEDヘッドランプ

  • 横滑りや横転事故の防止に貢献電子式車両姿勢制御システム「IESC」

    ドライバーの操作状況や車両の挙動をセンサーで検知。横滑りや横転につながる不安定な車両姿勢と判断される場合に警報を発します。同時にエンジンやブレーキの制御を行ない事故抑制に貢献します。

  • 電子式車両姿勢制御システム「IESC」

●プリクラッシュブレーキ、全車速ミリ波車間クルーズ、レーンキープアシスト、電子式車両姿勢制御システム「IESC」、ロールオーバーウォーニングは、ドライバーの安全運転を支援するシステムです。機能には限界があり、路面や天候等の条件によっては作動しない場合があります。機能を過信せずにつねに安全運転を心がけてください。詳しくは最寄りの販売会社営業担当者にお問い合わせください。

ギガ トラクタ

「ギガ トラクタ」トータルセーフティの動画はこちら

横転につながる車両姿勢検知時に警告
ロールオーバーウォーニング(ROW)(エアサス車に標準)

トラクタの後軸エアサスのハイトセンサーからトレーラ(積荷)の偏りを推定し、横転につながる不安定な車両姿勢を検知した場合、警報とマルチインフォメーションディスプレイへの警告表示で、注意を喚起。ドライバーに減速を促し、横転回避に貢献します。

横転(ロールオーバー)警告

  • ROW非装着車

  • ROW装着車

横滑りや横転等の危険回避に貢献
電子式車両姿勢制御システム「IESC」

車両が不安定になる状況をセンサーで検知しドライバーに警報で警告するとともに、エンジンの出力制御やトラクタ各輪およびトレーラのブレーキ制御により車両姿勢を修正。横滑りやジャックナイフ現象、トレーラの横転などの抑制に効果を発揮します。

ジャックナイフ抑制

  • IESC非装着車

  • IESC装着車

横転(ロールオーバー)抑制

  • IESC非装着車

  • IESC装着車

◆設定は車型により異なる場合があります。詳しくは、いすゞ販売会社へお問い合わせください。