01
DRIVER SUPPORT

32

69

32

12

19

12

mm

シートの上に立つ場合は、エアサスが動かない状態にしてください。
写真はセンターコンソールレス仕様。

温度調整可能なシートヒーター、風量調整可能な送風機能が四季を通して快適な運転環境を提供します(それぞれ3段階の調整が可能です)。
1
2
3
エアコンを使用していなくても、保冷/保温が可能で、オールシーズン活用できます。

02
SAFETY SUPPORT

走行中、ミリ波レーダーとカメラが常に車両前方を検知・分析。先行車/歩行者との車間距離に応じて、警報やブレーキ制御を行い、衝突回避/衝突被害軽減に寄与します。

1. 横断中の歩行者も自転車も検知 
2. 車両だけでなくバイクも検知

キャブの四方にミリ波レーダーを発し、死角エリアの自動車/バイク/自転車/歩行者などを検知してドライバーにアラームとピラー部の警告灯で警告。

1. 検知エリア(イメージ) 
2. 交差点右左折時 
3. 車線変更時 
4. 交差点での出会い頭

脇見/居眠り/姿勢崩れを検知し、アラーム・音声・警告表示でドライバーに注意喚起。カメラをピラー下部に設置することで、まぶたの検知性能と視界確保を両立。クラス唯一の音声警報はさらなる脇見抑制にも効果的です。

1. 顔向きを検知
2.3. 居眠りや脇見、姿勢の崩れを
検知すると、警告表示と音声警報で
注意喚起します。

加速/減速制御に加え、渋滞追従機能を新たに追加。停止・発進を含めた全車速域でのクルーズ走行を実現し、ドライバーの運転疲労軽減に寄与します。ミリ波レーダー+カメラ(標準&広角レンズ)による広角検知で割り込みにも配慮した、安心の最先端クルーズシステムです。

1. 先行車に追従して自動で停止 
2. 追従走行を再開して発進

ハイビーム走行時、前方をカメラで検知し、先行車や対向車に光が当たる箇所のみを自動で遮光。さらに、車速に応じて集光(高速)/拡散(低速)制御、さらにハンドル操作に合わせて照射方向も制御(=電子スイブル)します。

1. 先行車/対向車を自動で遮光 
2. 操舵に合わせ照射方向を制御

03
MONITORING FUNCTION

車両のコンディションや、セーフティドライブ状況をモニタリングし、自己診断。車両に不調が発生する前にデータに基づく適切な整備を施したり、運転に潜むリスクをつかみ安全運転指導に活用できます。

自己診断機能

尿素水残量
エンジンオイル
交換残距離
電圧計
タイヤ
空気圧※2
DPD不調監視
エンジン故障検知
スムーサーGx
モニター
(スムーサーGx搭載車)※3

セーフティドライブ
報告機能

プリクラッシュ
ブレーキ
「作動回数」
プリクラッシュ
ブレーキ
「OFF回数」
プリクラッシュ
ブレーキ
「作動お知らせ」
ドライバー
ステータス
モニター
「作動回数」
ドライバー
ステータス
モニター
「作動お知らせ」
車線逸脱警報
(LDWS)
「作動時間」
ミリ波車間
ウォーニング
「消音時間」
  1. 2019年12月現在、いすゞ調べ
  2. タイヤ空気圧モニタリングシステムをオプション選択の上、別途有償契約が必要です。
  3. パソコンには表示されません。ご要望に応じ、適宜販売会社よりレポートをご提供します。