トータルセーフティの追求 | ISUZU:GIGA(大型トラック)

トータルセーフティの追求

ミリ波レーダー + カメラによる二重検知 障害物の検知をミリ波レーダーによる単独検知から、国内大型トラックで初めて、ミリ波レーダー+カメラによる二重検知を採用し、高い検知性能を誇ります。

トータルセーフティの追求 万一への細心の備えが、毎日への安心と信頼を高めていく。

トータルセーフティの動画はこちら

プリクラッシュブレーキ〔衝突回避支援/衝突被害軽減〕(標準)

走行中、ミリ波レーダーとカメラが常に車両前方を検知・分析。先行車との車間距離に応じて、警報やブレーキ制御を自動で行ないます。低速で走行する先行車に対し、追突の恐れが高まると、警報に加え、早いタイミングでフル制動し、衝突回避をサポートします。追突が避けられない場合は、自動でブレーキを作動させ衝突速度を低減し、被害の軽減を図ります。*先行車の速度が10km/h以上、相対速度が70km/h以内で衝突回避を支援。相対速度が70km/hを超える場合は衝突被害を軽減します。

衝突回避支援機能

  • 先行車が動いているとき(相対速度が小さい)
  • 警報・制動の早期作動により、衝突回避を支援
  • ミリ波レーダー+カメラが前方の低速走行車を検知。追突の恐れがあると、早期にドライバーへ警報が作動。

  • 追突の可能性のある距離になると、早期に警報音と弱いブレーキの作動によりドライバーに注意を喚起。

  • さらに追突の可能性が高まると、より強い警報と本格制動を作動させ衝突回避をサポート。

衝突被害軽減機能

  • 先行車が止まっているとき(相対速度が大きい)
  • 走行状態を検知し、衝突時の被害を軽減
  • ミリ波レーダー+カメラが前方の低速走行車を検知。追突の恐れがあると、ドライバーへ警報が作動。

  • 追突の可能性のある距離になると、警報音と弱いブレーキの作動によりドライバーに注意を喚起。

  • 危険回避が行なわれず追突が避けられないと判断すると、強いブレーキが作動し追突被害を軽減。

電子式車両姿勢制御システム「IESC」(標準)

ドライバーの操作状況や車両の挙動をセンサーで検知。横滑りや横転につながる不安定な車両姿勢と判断される場合に警報を発します。同時にエンジンやブレーキの自動制御を行ない事故抑制に貢献します。

  • アンダーステアの場合
  • オーバーステアの場合
  • 転倒の場合
  • サイドビュー&バックアイモニター(オプション)

    左ウインカー連動のサイドビューカメラによる車両左側の死角部分の映像と、バックギヤ連動のバックアイカメラの映像をルームミラータイプのカラー液晶モニターに表示。死角をカバーし、事故抑制に貢献します。

  • 車線逸脱警報(LDWS)(標準)

    走行車線の左右白線をカメラで検知し、車線を逸脱しそうになると左右それぞれのスピーカーからの警報音とマルチインフォメーションディスプレイの警告表示でドライバーに注意を促します。*車速60km/h以上で作動します。

  • ミリ波車間クルーズU(スムーサーGx搭載車に標準)

    オートクルーズ機能に加え、先行車を検知すると、設定された車間距離を維持するようエンジン・ブレーキ等により加速・減速を行ないます。最適車間距離を保ったオートクルーズで運転疲労軽減に貢献します。

  • ミリ波車間ウォーニング(標準)

    先行車との車間距離を検知し、車両が安全の範囲を超えて接近した場合には警報音とマルチインフォメーションディスプレイの警告表示でドライバーに注意を喚起し、危険回避を促します。

●「VAT」(プリクラッシュブレーキ、ミリ波車間ウォーニング、ミリ波車間クルーズU、車線逸脱警報(LDWS))「IESC」は、ドライバーの安全運転を支援するシステムであり、車両の限界を超えた走行を可能にするものではありません。本装置を過信せずに、つねに安全運転を心がけてください。
●サイドビュー&バックアイモニターは、広角レンズを使用しているため、実際の距離とは感覚が異なります。ゆっくりした速度で右・左折や後退を行なってください。また、障害物などを確認するための補助装置であり、映し出す範囲には限界があります。必ず目視による安全確認を心がけてください。

◆設定は車型により異なる場合があります。詳しくは、いすゞ販売会社へお問い合わせください。

ギガ トラクタ

「ギガ トラクタ」トータルセーフティの動画はこちら

ロールオーバーウォーニング(ROW)(エアサス車に標準)

トラクタの後軸エアサスのハイトセンサーからトレーラ(積荷)の偏りを推定し、横転につながる不安定な車両姿勢を検知した場合、警報とマルチインフォメーションディスプレイへの警告表示で、注意を喚起。ドライバーに減速を促し、横転回避に貢献します。

横転(ロールオーバー)警告

電子式車両姿勢制御システム「IESC」(標準)

車両が不安定になる状況をセンサーで検知しドライバーに警報で警告するとともに、エンジンの出力制御やトラクタ各輪およびトレーラのブレーキ制御により車両姿勢を修正。横滑りやジャックナイフ現象、トレーラの横転などの抑制に効果を発揮します。

ジャックナイフ抑制

横転(ロールオーバー)抑制

◆設定は車型により異なる場合があります。詳しくは、いすゞ販売会社へお問い合わせください。

  • LEDヘッドランプ

    ディスチャージヘッドランプに比べ、省電力かつ長寿命なLEDヘッドランプ(ロービームおよびクリアランスランプ)を採用。夜間の視認性も向上しています。

  • RETARDER(永久磁石式)
    (設定は車型により異なります。)

    永久磁石の力を利用し、滑らかで安定感のある制動力を発揮し、ブレーキ操作による運転疲労を軽減します。

  • FUP(フロント・アンダーラン・プロテクション)

    前方から衝突した乗用車が車両下へ潜り込むのを抑制し、乗用車乗員の被害を軽減します。

  • エンジンリターダ

    シリンダー内の圧縮空気を開放することで、エンジンブレーキ力が大幅に向上しました。「強」「弱」の切替も可能です。

  • フルエアウェッジブレーキ

    シンプルな構造のため機械効率にすぐれ、少ないエア消費で、すばやく制動力が立ち上がります。

  • ホイールパーキングブレーキ

    軽い操作力のスプリングブレーキ式。駐車時に高い制動力を生み出し、坂道駐車などでの安全性を高めます。

  • EBS(エレクトロニック・ブレーキ・システム)

    積載状態を感知し、空車・積車に関わらず、同じブレーキペダルの踏み込み量で、同じブレーキ力が発生。安全運行に貢献します。

  • SRSエアバッグ

    正面から衝撃を受けた際に瞬時に膨張し、ドライバーの顔面・頭部を保護します。

  • ASR(アンチ・スリップ・レギュレーター)

    滑りやすい路面での発進加速時にタイヤの空転を制御。スムースで安定した発進に貢献します。

  • ロードリミッター付プリテンショナーシートベルト

    衝突時、瞬間的にベルトを巻取り、高い拘束性を発揮。一定以上の荷重を受けるとベルトを緩め、胸部への圧迫をやわらげるロードリミッター機能付です。

  • HSA(ヒル・スタート・エイド=坂道発進補助装置)

    ブレーキを踏んで停車後、ペダルから足を離してもブレーキ力を保持。坂道発進や渋滞路で効果を発揮します。

  • 高剛性キャブ

    コンピュータ解析により高度な安全性と軽量化を高いレベルで両立した高剛性キャブを採用しています。

  • ウエストレインフォース

    前後斜め方向からの衝撃に対し、キャブの変形を抑制するウエストレインフォースをドア内部に設置しました。

  • 衝撃吸収ステアリングシャフト&ホイール

    正面から強い衝撃を受けた際に、移動・変形することでドライバーへのダメージをやわらげます。

  • RUP(リヤ・アンダーラン・プロテクション)

    乗用車が後方から追突した際に、車両下へ潜り込むのを抑制し、ダメージを軽減します。

  • LEDリヤ3連コンビランプ(オプション)

    省電力かつ長寿命なLEDの特性に加え、バルブ式に比べ、発光面積が大きく、瞬時に点灯し、後続車へ迅速に意思伝達が可能です。追突事故抑制に貢献します。

メンテナンス性

フロントオープンリッドには、日常点検項目の多くを集中配置。ハーネス、配管類をさらに整理し、点検整備の効率を高めました。また、各部の防錆塗装やアルミ製部品の多用によりすぐれた耐久信頼性を発揮します。

◆設定は車型により異なる場合があります。詳しくは、いすゞ販売会社へお問い合わせください。