ISUZUFORWARD

  • 先進の安全サポート技術
  • 車両安定性を保つシステム
  • 良好な視界の確保
安全

人と社会と経営のために、トラックにいま必要な安全性能を。

最先端安全技術の動画はこちら。

先進のプリクラッシュブレーキを
カーゴ系主要車型に標準装備しました。

人や社会と密接な関わりをもつトラックにとって、より高い安全性を目指すことは、いつの時代にも変わることのない最優先のテーマです。とくに、車両総重量が大きな中・大型トラックは、万一事故が発生した場合の被害もより大きなものとなるため、つねに最新・最先端の対応が求められます。いすゞではこのような事故の抑制と被害軽減を狙い、大型トラック「ギガ」シリーズに続きプリクラッシュブレーキをはじめとする先進安全装備を、カーゴ系主要車型に標準装備しました。

※GVW7.5トン/8トン〈190PS〉/14.5トン/16トン/20トン車はオプション。

先進のプリクラッシュブレーキをカーゴ系主要車型
先進の安全サポート技術

安全運行と輸送品質に貢献する、先進の安全サポート技術 。

プリクラッシュブレーキ [衝突回避支援/衝突被害軽減]

GVW8トン〈210PS、240PS〉/11トン車に標準
GVW7.5トン/GVW8トン〈190PS〉/14.5トン/16トン/20トン車にオプション

走行中、ミリ波レーダーとカメラが常に車両前方を検知・分析。先行車との車間距離に応じて、警報やブレーキ制御を自動で行ないます。低速で走行する先行車に対し、追突の恐れが高まると、警報に加え、早いタイミングでフル制動し、衝突回避をサポートします。追突が避けられない場合は、自動でブレーキを作動させ衝突速度を低減し、被害の軽減を図ります。

*先行車の速度が10km/h以上、相対速度が70km/h以内で衝突回避を支援。相対速度が70km/hを超える場合は衝突被害を軽減します。

衝突回避支援機能

先行車が動いているとき(相対速度が小さい) 警報・制動の早期作動により、衝突回避を支援

  • 1

    ミリ波レーダー+カメラが前方の低速走行車を検知。追突の恐れがあると、ドライバーへ警報が作動

    ミリ波レーダー+カメラが前方の低速走行車を検知。追突の恐れがあると、ドライバーへ警報が作動

  • 2

    追突の可能性のある距離になると、早期に警報音と弱いブレーキの作動によりドライバーに注意を喚起。

    追突の可能性のある距離になると、早期に警報音と弱いブレーキの作動によりドライバーに注意を喚起。

  • 3

    さらに追突の可能性が高まると、より強い警報と本格制動を作動させ衝突回避をサポート。

    さらに追突の可能性が高まると、より強い警報と本格制動を作動させ衝突回避をサポート。

衝突被害軽減機能

先行車が止まっているとき(相対速度が大きい) 走行状態を検知し、衝突時の被害を軽減

  • 1

    ミリ波レーダー+カメラが前方の低速走行車を検知。追突の恐れがあると、ドライバーへ警報が作動

    ミリ波レーダー+カメラが前方の低速走行車を検知。追突の恐れがあると、ドライバーへ警報が作動

  • 2

    追突の可能性のある距離になると、早期に警報音と弱いブレーキの作動によりドライバーに注意を喚起。

    追突の可能性のある距離になると、早期に警報音と弱いブレーキの作動によりドライバーに注意を喚起。

  • 3

    危険回避が行われず追突が避けられないと判断すると、強いブレーキが作動し追突被害を軽減。

    危険回避が行われず追突が避けられないと判断すると、強いブレーキが作動し追突被害を軽減。

車線逸脱警報 [LDWS]

つねに走行車線をカメラが監視し、車線の逸脱を検知すると左右それぞれのスピーカーからの警報音とマルチインフォメーションディスプレイの警告表示でドライバーに注意を促します。

車線逸脱警報 [LDWS]

*車速60km/h以上で作動します。

ミリ波車間ウォーニング

先行車との車間距離を検知し、車両が安全の範囲を超えて接近した場合、警報音とマルチインフォメーションディスプレイの警告表示でドライバーに注意を喚起し、危険回避を促します。

※プリクラッシュブレーキ装着車は標準装備となります。

●先進視覚サポート技術「VAT」(プリクラッシュブレーキ・ミリ波車間ウォーニング・車線逸脱警報[LDWS])はドライバーの安全運転を支援するシステムであり、車両の限界を超えた走行を可能にするものではありません。本装置を過信せずに、つねに安全運転を心がけてください。●プリクラッシュブレーキ装着車は、ミリ波車間ウォーニング/車線逸脱警報[LDWS]/ 電子式車両姿勢制御システム「IESC」/4.0インチマルチインフォメーションディスプレイ付メーター/3スポーク スイッチ付ステアリングホイールが装備されます。

車両安定性を保つシステム

路面状況や積載状況に左右されない、安定した走りを目指して。

電子式車両姿勢
制御システム [IESC] IESC

GVW7.5トン/GVW8トン〈190PS〉はオプション

ドライバーの操作状況や車両の挙動をセンサーで検知。横滑りや横転につながる不安定な車両姿勢と判断される場合に警報を発します。同時にエンジンやブレーキの自動制御を行ない事故抑制に貢献します。

IESC

●電子式車両姿勢制御システム「IESC」は、ドライバーの安全運転を支援するシステムであり、車両の限界を超えた走行を可能にするものではありません。本装置を過信せずに、つねに安全運転を心がけてください。

制動時の車両安定性を保つABS アンチロック・ブレーキ・システム

GVW7.5トン/8トン/11トン車

滑りやすい路面での制動時にタイヤロックを制御し、車両安定性を維持。緊急時の回避でも事故の拡大防止に貢献します。

*ABSは乗務員の負担軽減と安全性の向上を目指して運転操作を補助する装置であり、無理な運転までは制御できません。ABS装着車であっても、非装着車同様の安全運転をお願いいたします。

積載状況に応じブレーキを制御するEBS エレクトロニック・ブレーキ・システム

GVW14.5トン/16トン/20トン車

積載状態を感知し、空車・積車に関わらず、同じブレーキペダルの踏み込み量で、同じブレーキ力が発生。安全運行に貢献します。

容易な坂道発進、運転疲労軽減に効果的なHSA ヒル・スタート・エイド:坂道発進補助装置

ブレーキを踏み込んで停車した後、ブレーキペダルから足を離してもブレーキ力を保持。坂道発進や渋滞時に効果を発揮します。

なめらかな減速効果を補助する永久磁石式リターダ

永久磁石の力を利用し、なめらかで安定した減速を行なうブレーキ補助装置。運転疲労を軽減し、安全性と経済性を向上します。

高い制動力を生み出すホイールパーキングブレーキ

軽い操作力のエアコントロール式。駐車時に高い制動力で、坂道駐車などでの安全性を高めます。

車速管理をサポートする可変スピードリミッター

GVW8トン車は車速40~110km/h(GVW11トン/14.5トン/16トン/20トン車は40~90km/h)の範囲で最高速度の設定が任意で可能。速度超過による事故防止や省燃費にも貢献します。

燃費向上と疲労軽減に貢献するオートクルーズ

設定した車速を維持する快適装備。安全運行に貢献し、一定速運転が燃費向上にも貢献します。

※設定は車型により異なります。(詳しくは最寄りの販売会社営業担当者にお問い合わせください。)

良好な 視界の確保

良好な視界の確保から万一の際の配慮まで、トラックに求められる安全性を細部にまで追求。

ワイドな視界を確保する直接視界

安全な視界を確保するワイドなウインドウは、運転疲労の軽減にも貢献。
上下の視界も広く、信号や標識の確認も容易です。

直接視界

左右の後方視界を良好に保つ両サイド視界

クリアな後方視界を確保する大型サイドミラー。
寒冷時や雨天時の側方視界確保のための大型サイドデフロスターも装備。

両サイド視界

夜間や荒天候時の視認性を高めるディスチャージヘッドランプ
※&フォグランプ

ディスチャージヘッドランプ

被視認性を高めるコーナリングランプ
サイドターンランプ

コーナリングランプコーナリングランプ
サイドターンランプサイドターンランプ

高剛性キャブ
&ウエストレインフォース

安全性と軽量化を両立した高剛性キャブを採用。また、前後斜め方向からの衝撃に対し、衝突安全性を向上するウエストレインフォースをドア内部に設置しました。

高剛性キャブ高剛性キャブ
ウエストレインフォースウエストレインフォース

運転席SRSエアバッグ
&プリテンショナー付シートベルト

ロードリミッター付助手席はオプション

運転席に全車標準装備。衝撃吸収に配慮したキャブとともに、乗務員の安全確保とダメージ軽減に対応します。また、ドライバーだけでなく同乗者の安全性にも配慮して、助手席側にも設定しました。

*SRSとはSupplemental Restraint Systemの略で、乗員保護補助装置を示します。

*SRSエバッグ&プリテンショナー付シートベルトは、一定の衝撃を下回る前面衝突のほか、側面衝突、車両後部からの追突、横転時や一度作動した後に再衝突した時などには作動しません。

*SRSエアバッグはあくまでもシートベルトの補助装置として開発された装備であり、シートベルト非着用の場合にはSRSエアバッグが作動しても効果を発揮できません。SRSエアバッグ装着車も必ずシートベルトを着用してください。

FUP&RUP

FUP:フロント・アンダーラン・プロテクション RUP:リヤ・アンダーラン・プロテクション

前方または後方から乗用車が衝突した際に、乗用車が車両の下に潜り込むのを抑制して乗員の被害を軽減します。

FUPFUP
RUPRUP

水没対応パワーウインドウスイッチ

回路の防水性を高め、万一車両が水没した場合にも、一定時間ウインドウ開閉が可能です。

衝撃吸収ステアリングシャフト
&ホイール

正面から強い衝撃を受けた際に、移動・変形することによってドライバーへと伝わる衝撃を吸収・抑制します。

可変間欠ワイパー

ワイパーに間欠時間の可変機能を装備。
気象状況に応じて最適な視界確保に貢献します。

衝撃吸収ステアリングシャフト&ホイール

高いセキュリティを発揮するイモビライザー

エンジン始動を制御する先進の電子施錠システム。
コピー等は不可能で、現在最高レベルのセキュリティ性を誇ります。

写真はすべてGVW8トン車。
※設定は車型により異なります。(詳しくは最寄りの販売会社営業担当者にお問い合わせください。)