ISUZU:エルフ (小型トラック)

ELF HYBRID カタログ用特別仕様車

HYBRID SYSTEM

燃費・低CO<sub>2</sub>性能

減速エネルギーを無駄なく回収し、ハイレベルな燃費・CO2性能を実現
ハイブリッドシステムは車両が減速時に失ってしまうエネルギーを回生(充電)し、再利用するシステムです。エルフは減速時にスムーサーExが自動的にクラッチを切るため、車両停止寸前までほとんどの減速エネルギーを回生(充電)することができます。これにより発進・加速時にスタミナのあるモーターアシストが可能となり、低CO2化、燃費の向上を実現します。
イメージ
  • スムーサーEx
    減速時にクラッチを自動的に切り離し、エンジンブレーキによる減速エネルギーの回収ロスを防ぎます。
    イメージ
  • バッテリー
    長寿命で軽量なリチウムイオンバッテリーをトラックでは国内初採用。ジェネレーターで発生した電気をインバーターを介して蓄えます。小型トラックの通常の使い方では、車両のご使用期間中、交換不要なレベルのバッテリー寿命を確保しています。

    イメージ
  • モーター&ジェネレーター
    発進・加速時やモーター走行時にはモーターとして駆動力を発生。減速時にはジェネレーターとしてエネルギーを回収し電気に変換します。
  • インバーター
    モーター&ジェネレーターとバッテリー間で直流⇔交流の変換を行ないます。

信頼性

信頼性の高いパラレル駆動方式を採用
エンジンと別軸にモーター&ジェネレーターを配置したPTO型パラレル駆動方式を採用。万一システムに異常が発生しても、一般のディーゼルトラックと同様にエンジンのみで走行が可能で、商用車に求められるハイレベルな信頼性を確保しています。またモーター&ジェネレーターをフレーム下方にレイアウトし、架装時の床面高上昇も防ぎます。
イメージ

◆写真は全てカタログ用特別仕様車です。実際に出荷される車型と一部装備が異なる場合があります。