Comfort[快適性]

乗降性

華麗な旅の始まりを予感させるエントランスは心ときめく旅へのプロローグ。

エントランス

  • エントランス部は、ユニバーサルデザインの思想に基づいた、室内へ自然に導くらせん状の造形でおもてなしの心を表現。機能性と安全性を兼ね備え、乗客をやさしくお出迎えします。

    • エントランス(乗降口側)

      エントランス(乗降口側)

    • エントランス(客室側)

      エントランス(客室側)

車高調整装置

  • 車両前部を最大で約100mm下げ、すぐれた乗降性を生み出します。またフェリー乗船時の全下げにも対応しています。

    • 車高調整装置

    • 車高調整装置

段差のないフルフラットフロア

  • 通路部は段差のないユニバーサルデザインのフラットな床形状。子供からお年寄りの方まで車内の移動がスムーズに行なえます。

  • 段差のないフラットフロア

    段差のないフラットフロア

居住性

ガーラならではの広い視界で開放感あふれる室内空間。

LED間接照明+LEDファイバー照明※SHD貸切車

  • 車内を落ち着いた雰囲気に演出する間接照明にLEDを採用しました。ウェーブ天井に合わせレイアウトした斬新なデザインのLEDファイバー照明は、旅の非日常性を演出します。

  • LED間接照明+LEDファイバー照明

読書灯(LED照明)

  • 消費電力が少なく寿命も長いLEDライトを使用。他の乗客に配慮し手もと付近を照らすように設計しています。

  • 読書灯(LED照明)

荷物棚

  • 最大245mmの開口高を確保し、200×350×450mmの飛行機機内持ち込みサイズの収納が可能です。

  • 荷物棚

オーディオビジュアルシステム

  • タッチパネル式モニター

    運転席モニター、ガイド席モニターに、操作性の高いタッチパネル式モニターを採用しました。ラジオやテレビなど各機能の操作が同一画面内で行えるため、必要とする機能へスムーズに切り替えができます。

    ※ガイド席モニターは貸切のみとなります。

    タッチパネル式ガイド席モニター デジタルスピーカー

    タッチパネル式ガイド席モニター デジタルスピーカー

  • デジタルスピーカー

    高音質なデジタルスピーカーを採用しました。日々の運行時に行うお客さまへのアナウンスやテレビ、音楽などの視聴時も、全ての席によりクリアな音でお届けできます。

     

    デジタルスピーカー

    デジタルスピーカー

  • タッチパネル式運転席モニター

    タッチパネル式運転席モニター

  • HDDカラオケ&1DIN物入れ

    HDDカラオケ&1DIN物入れ

  • DVDプレーヤー&1DIN型タコグラフ

    DVDプレーヤー&1DIN型タコグラフ

空調

バスエアコンのイメージを一変させる、次世代直冷式フルオートエアコンを搭載。

次世代直冷式フルオートエアコン

  • サブエンジン式エアコンに比べ、空調性能、経済性能、環境性能にすぐれる次世代直冷式フルオートエアコンを全車に標準装備。サブエンジン式に比べ、大幅な省動力化を実現。圧縮容量を連続的に変化させる、連続可変容量コンプレッサーを搭載し、エンジン負荷の軽減、運転フィーリングの向上、安定した吹き出し温度、余裕の冷房能力など数多くのメリットをもたらします。多彩な先進機能で季節を問わず快適な空間を実現します。

  • 次世代直冷式フルオートエアコン

マルチゾーンエアコン(12m車にオプション)

室内を冷房時6ゾーン、暖房時4ゾーンに分けてよりきめ細かく温度調整するマルチゾーンコントロール機能をオプション設定。各ゾーンに設置されたセンサーが左右の日射量の違いによる温度差も検知し、ゾーンごとに吹出温度と風量を変化させて室内温度の均一化を図ります。

次世代直冷式フルオートエアコン

除菌イオン発生装置(オプション)

  • 高濃度のプラズマクラスターイオン®※で室内の空気をきれいに保ちます。除菌イオン発生装置を片側ダクトに2個ずつ、合計4個設置。プラズマイオン(H+)とマイナスイオン(02-)がカビ、ウイルス、アレル物質を取り囲み除菌します。空調システム作動中は常時発生するため、室内の隅々まで効果を発揮します。

    ※プラズマクラスターイオン®はシャープ(株)の登録商標です。

  • 除菌イオン発生装置

サスペンション

ソフトでしなやかな乗り心地を、安定感のある走りとともに。

電子制御サスペンション(12m車)※ HI-DECKER VPを除く

  • 車両の各所に取り付けられたセンサーが、車速、上下の揺れ、左右の揺れを検知し、さらにステアリングに設置したセンサーがステアリングの回転角速度を感知。走行中に発生するこれらのデータをもとにコンピュータが走行状況を分析し、可変ショックアブソーバーの減衰力を自動的に制御します。あらゆる走行条件で、乗り心地を損なうことなくすぐれた走行安定性を実現します。

  • 電子制御サスペンション