Clean & Economy[クリーン&エコノミー]

エンジン

ポストポスト新長期排出ガス規制適合/平成27年度燃費基準達成

最先端のテクノロジーを満載し、世界でも最も厳しいレベルの「ポストポスト新長期排出ガス規制」に適合。NOxについては規制値からさらに40%低減(全車)しました。さらに、排出ガス性能と燃費性能を高いレベルで両立し、E13Cエンジン搭載車で「平成27年度燃費基準+10%」、A09Cエンジン搭載車で「平成27年度燃費基準+15%」、A05Cエンジン搭載車(10t超〜12t以下車)で「平成27年度燃費基準」を達成しています。

  • E13Cエンジン(SHD・HD)

  • E13Cエンジンは、NOx・PMの低減と低燃費の両立を実現。平成28年(ポストポスト新長期)排出ガス規制に適合。さらに「平成27年度燃費基準+10%」を達成しました。

    E13C-AE〈ET-XVI〉
インタークーラーターボ

  • A09Cエンジン(HD)

  • 小排気量かつ軽量化をはかりながら、低回転域からの高トルクを実現。7速トランスミッション・油圧ファンドライブを採用。「平成27年度燃費基準+15%」を達成しています。

    A09C-VK〈AT-VIII〉インタークーラーターボ

  • A05Cエンジン(HD-9)

  • 車両総重量
    10t超〜12t以下

  • 十分な動力性能と低燃費を高いレベルで両立したA05Cエンジンを採用。2段階過給ターボの小排気量ながらも高トルク化を実現しました。

    A09C-VK〈AT-VIII〉インタークーラーターボ

    ※SI(国際単位系)表示と従来表示の両方を記載しています。
    ※ネット値とは車両搭載状態とほぼ同じ条件で測定した数値です。

  • ※SI(国際単位系)表示と従来表示の両方を記載しています。
    ※ネット値とは車両搭載状態とほぼ同じ条件で測定した数値です。

エコ・イージードライブ

AMT

クラッチ操作が不要なAMT※を全車に採用しました。走行状況に応じて、手もとで自在に変速を切り替えられるマニュアルモードと、ギヤ段を自動的に選択するオートマチックモードを選択可能。運転負担の軽減に貢献し、燃費効率の良い走行を実現できます。

※12m車はMTとAMTから選択可能(9m車はAMTのみ)。A09C/A05Cエンジン搭載車のAMTは7速、E13Cエンジン搭載車のAMTは6速となります。
  VP車には設定がありません。

  • ギヤセレクター

    ダイヤル操作で、N、D、Rのレンジ切替、前進/後退時の「SLOW」モードへの切替が行えます。

  • シーケンシャルレバー

    オート/マニュアルのモード切替、ギヤのUP/DOWN操作が手もとで行えます。

エコドライブサポート

エコランプ

メーターの背景色が走行状態に応じて変化し、省燃費走行をサポートします。どなたでも理想的な走行を目指すことができます。

  • 主な青色点灯条件

    ■エンジン始動中(アイドリング中)
    ■アクセル開度大
    ■車速約80km/h以上で走行中
    ■グリーンゾーンを外れた高回転域を使用しての走行

  • 主な黄緑色点灯条件

    ■低アクセル・エンジン回転数低回転
    ■アイドリングストップ作動中
    ■クルーズ走行中(最適ギヤ段走行中)

エコ表示メーター

  • 瞬間燃費・アクセル開度などを、7インチ大型ディスプレイ内に表示。エコドライブの度合いを判定し「ECOレベル」として表示し、運転中のエコドライブ意識の向上をサポートします。

  • *写真は機能説明のため点灯したもので、実際の走行状態を示すものではありません。

クリーンテクノロジー

PM除去装置+尿素SCR

PM除去装置でPMを捕集・焼却し、尿素SCR部でNOxを無害な水と窒素に分解。PM除去装置は、高耐熱セラミックフィルターや吸気スロットルなどを採用し、排出ガスの温度が低い状態でも安定したPM再生性能を実現。またさらに、尿素SCRはシステムの最適化を図り、尿素水(AdBlue®)使用量を抑制。エンジンの基本性能を高めながら、排出ガスの大幅なクリーン化を実現しています。

AdBlue®はドイツ自動車工業会(VDA)の登録商標です。