クリーンテクノロジー

ポストポスト新長期排出ガス規制適合

高耐熱セラミックフィルターや吸気スロットルなどを採用したPM除去装置と、システムの最適化を図り、尿素水(AdBlue®)使用量を抑制した尿素SCRを組み合わせた排出ガス後処理装置を採用。最も厳しいレベルと言われる平成28年(ポストポスト新長期)排出ガス規制に適合しました。

A05Cエンジン

主要諸元/種類:水冷4サイクル直接噴射式
直列4気筒インタークーラーターボ
●シリンダ配列・シリンダ数:直列4気筒
●内径×行程:112.0×130.0mm
●総排気量:5,123㎥(cc)
●圧縮比:17.5

●ネット値とはエンジンを車両搭載状態とほぼ同じ条件で測定した数値です。
●SI(国際単位系)表示と従来表示[カッコ内]の両方を記載しています。

排出ガス後処理技術

PM除去装置+尿素SCR※1

排気ガスをクリーン化する、最新の排出ガス後処技術を採用。PM除去装置でPMを捕集・焼却し、さらに尿素SCR部でNOxを無害な水と窒素に分解します。

AdBlue®給水口※2

※1 Selective Catalytic Reductionの略。
※2 AdBlue®はVerband der Automobilindustrie e.V.(VDA:ドイツ自動車工業会)の登録商標です。