ISUZU PLAZA

ENGLISH

ISUZU

展示車両一覧

臨時休館のお知らせ
4月17日、当館の運営委託先従業員1名が新型コロナウイルス感染症に罹患していることが確認されたため、お客様の安全と感染拡大防止のため4月18日(日)より3日間、臨時休館とさせていただきます。
本件に関し、管轄保健所および関係機関の指導のもと、以下の内容を実施致します。

1. 当該従業員の自宅待機(4月17日から出勤せず、現在療養中)
2. 濃厚接触の可能性がある従業員の自宅待機
3. いすゞプラザ館内の消毒作業

ご来館を楽しみにされていたお客様、日頃より当館を応援して下さっているお客様には大変申し訳なく、心よりお詫び申し上げます。何卒皆様のご理解とご協力をお願い申し上げます。(4月17日)

1F エントランス

ウーズレーCP型トラック(1924年)
国内に現存する国産最古のトラック。
日本の産業近代化に貢献したとして、経済産業省が認定する「近代化産業遺産」に登録されています。
アッソ・ディ・フィオーリ(1979年)
1979年のジュネーブモーターショーで発表されたいすゞピアッツァのプロトタイプ。
未来的なデザインと居住性を兼ね備えたスペシャリティカーは、2年後の1981年にいすゞピアッツァとして発売されました。

1F 運ぶを支えるいすゞ

SKW
陸上自衛隊で使用されている6輪駆動の大型トラック。
災害時には被災地に派遣され、人々や物資の輸送などで活躍しています。
大型路線バス エルガ
公共の交通機関のひとつである路線バス。
生活に身近な乗り物として、交通バリアフリー法に対応し、ユニバーサルデザインを採用。
大型トラック ギガトラクタ
大量輸送を実現するトラクタ輸送。
環境・安全・経済性に優れ、ドライバーの疲労軽減、情報通信による稼働サポートでトラクタの大量輸送を高度に支えます。
中型トラック フォワード
幹線輸送、都市内配送、様々な工事・作業など幅広い用途に対応する中型トラック。
豊富な車種バリエーションの設定があり、環境性能・安全性・経済性ともに優れたトラックです。
小型トラック エルフ
1959年に誕生した日本を代表する小型トラック。
最新技術の継続投入により、経済性・安全性・耐久信頼性のすべてにおいて高い評価を得ているトップブランドです。
D-MAX
世界の様々なシーンで活躍する1トン積みピックアップ・トラック。
タイを生産・輸出拠点とし、世界100ヵ国以上に輸出しています。

屋外展示

大型トラック ギガダンプ
工事現場や建設現場で活躍するダンプ。
砂利や砂等の製品輸送系、骨材や工業用原料輸送などを行います。

2F いすゞの歴史

スミダM型バス(1932年)
日本ではじめての国産乗り合いバス。
国内に現存する実走可能な最古の国産バスとして、経済産業省が認定する「近代化産業遺産」に登録されています。
TX80型トラック(1948年)
戦後の日本を支えた5トン積みトラック。
大型長距離輸送の先駆けとして日本の復興需要に大いに貢献。
いすゞ大型トラックの原点となりました。
エルフTLD20型(1963年)
日本初の2トン積フルキャブオーバー型小型トラック。
大型車メーカーとして知られていたいすゞが初めて"製造した小型トラックです。
多くの荷物を積載することが可能でベストセラーとなりました。
ベレル(1964年)
いすゞが初めて自社で開発・生産を行った、日本初のディーゼルエンジンを搭載した量産型乗用車。
ディーゼルエンジンの経済性が評価され、タクシーなどの業務用車両として活躍しました。
シボレーLUV(1972年)
北米に販売店を持っていなかったいすゞが、ゼネラルモーターズ社と提携をし、初めてアメリカで販売した車。
国内で販売していたファスターをシボレーLUVとして販売しました。
ジェミニ(1974年)
いすゞ自動車とゼネラルモーターズ社が協力して開発を行った車。
日本でのジェミニの名はふたご座の意味で、いすゞとゼネラルモーターズ社の協力の象徴として名づけられました。
FD-SI
「未来の配送」を創造したデザインコンセプトモデル。
宅配ネットワークを新たな視点で見直し、ワクワクするような未来の運ぶを表現しています。

2F 企画展/その他

ヒルマンミンクス(1953年)
国産化自動車の基礎を築いた車。
戦後、総合自動車メーカーを目指したいすゞが英国ルーツモータース社と提携し、ノックダウン生産をはじめた初代初期型。
ヒルマンミンクス(1956年)
100%国産化を目指した初代最終型。
タイヤ、バッテリー以外は英国からのノックダウンでしたが、徐々に部品の国産化を進め、完全国産化目指しました。
ヒルマンミンクス(1961年)
フランス出身のデザイナー、レイモンド・ローウィによりデザインされた2代目。
4年という短期間で完全国産化を達成し、その技術を修得したことは、現在のいすゞのものづくり全てに活かされています。

PAGE TOP