• 先進の安全装備をFカーゴ・ウィングに標準化
  • 強く、やさしく、頼もしく。FORWARD

これまでも、これからも、変わらぬ信頼にお応えしていくために。 いま、商用車に求められているものは何か。いすゞは、つねにその課題と向き合い、さまざまな角度から検証と研究を重ねて、トラックに重要な「安全性」「経済性」「環境性」をフォワードに投入しました。

変わらぬ信頼に応えるために、最先端の安全へと進化する。

最先端安全技術の動画はこちら。

先進視覚サポート技術「VAT」 VAT 高精度のミリ波レーダーや各種センサーを駆使し、ドライバーの視覚をサポートするテクノロジー。 ●車線逸脱警報[LDWS]●ミリ波車間ウォーニング●プリクラッシュブレーキ〔衝突回避支援/衝突被害軽減〕

プリクラッシュブレーキ〔衝突回避支援/衝突被害軽減〕※

※標準:GVW8トンFカーゴウイング

※オプション:GVW8トンカーゴ、バン、冷凍車

走行中、ミリ波レーダーとカメラが常に車両前方を検知・分析。先行車との車間距離に応じて、警報やブレーキ制御を自動で行ないます。低速で走行する先行車に対し、追突の恐れが高まると、警報に加え、早いタイミングでフル制動し、衝突回避をサポートします。追突が避けられない場合は、自動でブレーキを作動させ衝突速度を低減し、被害の軽減を図ります。

*先行車の速度が10km以上、相対速度が50km/h以内で衝突回避を支援。相対速度が50km/hを超える場合は衝突被害を軽減します。

*プリクラッシュブレーキを選択すると、ミリ波車間ウォーニング/車線逸脱警報[LDWS]/電子式車両姿勢制御システム「IESC」/4.0インチマルチインフォメーションディスプレイ付メーター/3スポーク スイッチ付ステアリングホイールが装備されます。ホイールベース=F,G,H,Jには設定がありません。

衝突回避支援機能

  • 先行車が動いているとき(相対速度が小さい)
  • 警報・制動の早期作動により、衝突回避を支援
1

ミリ波レーダー+カメラが前方の低速走行車を検知。追突の恐れがあると、早期にドライバーへ警報が作動。

2

追突の可能性のある距離になると、早期に警報音と弱いブレーキの作動によりドライバーに注意を喚起。

3

さらに追突の可能性が高まると、より強い警報と本格制動を作動させ衝突回避をサポート。

衝突被害軽減機能

  • 先行車が止まっているとき(相対速度が大きい)
  • 走行状態を検知し、衝突時の被害を軽減
1

ミリ波レーダー+カメラが前方の低速走行車を検知。追突の恐れがあると、ドライバーへ警報が作動。

2

追突の可能性のある距離になると、警報音と弱いブレーキの作動によりドライバーに注意を喚起。

3

危険回避が行なわれず追突が避けられないと判断すると、強いブレーキが作動し追突被害を軽減。

車線逸脱警報[LDWS]※

※標準:GVW8トンFカーゴウイング

※オプション:GVW8トン〜20トン車(全輪駆動車および6HK1エンジン搭載のスムーサーFx車を除く)

走行車線の左右白線をカメラで検知し、車線を逸脱しそうになると左右それぞれのスピーカーからの警報音とマルチインフォメーションディスプレイの警告表示でドライバーに注意を促します。

*車速60km/h以上で作動します。

ミリ波車間ウォーニング(GVW8トンFカーゴウィングに標準。)※

※標準:GVW8トンFカーゴウイング

※プリクラッシュブレーキ選択時には標準装備になります。

先行車との車間距離を検知し、車両が安全の範囲を超えて接近した場合には警報音とマルチインフォメーションディスプレイの警告表示でドライバーに注意を喚起し、危険回避を促します。

電子式車両姿勢制御システム「IESC」 VAT ドライバーの操作状況や車両の挙動変化をセンサーで監視。横滑りや横転を抑制し、車両姿勢を安定化するテクノロジー。

電子式車両姿勢制御システム「IESC」

※標準:GVW8トンFカーゴウイング

※オプション:GVW8/11トン車

ドライバーの操作状況や車両の挙動をセンサーで検知。横滑りや横転につながる不安定な車両姿勢と判断される場合に警報を発します。同時にエンジンやブレーキの自動制御を行ない事故抑制に貢献します。

アンダーステアの場合 アンダーステアの場合

オーバーステアの場合 オーバーステアの場合

横転の場合 横転の場合

※設定は車型により異なります。

●「VAT」(プリクラッシュブレーキ、ミリ波車間ウォーニング、車線逸脱警報[LDWS])「IESC」は、ドライバーの安全運転を支援するシステムであり、車両の限界を超えた走行を可能にするものではありません。本装置を過信せずに、つねに安全運転を心がけてください。