燃費・走行性能 | ISUZU:エルフ(小型トラック)

燃費・走行性能

これが、先進の3ℓDOHCハイパフォーマンスディーゼル

クラストップレベルの燃費性能

メモリとセンサーを持つインジェクター「i -ART(自律噴射精度補償技術)」の採用をはじめ、主要コンポーネントを一新し、フルリニューアルした最先端ディーゼル4JZ1エンジンを搭載。尿素SCRの採用と合わせ、エンジン本体の燃費性能が大幅に向上。世界で最も厳しい平成28年排出ガス規制への対応と燃費の両立を実現しました。

*i-ARTは(株)DENSOの登録商標です。

燃費性能表

クリーンディーゼル

D-CORE(ディーコア)

「D-CORE(ディーコア)」
これからの時代のディーゼルエンジンのコア(core:中心、核心、重要な部分)となる、いすゞ独自の思想・技術・性能をそなえた、次世代高効率ディーゼルエンジンシリーズを表します。

エンジンイメージ

110kW(150PS)/2800rpm(ネット値)375N・m(38.2kg・m)/1400〜2800rpm(ネット値)

110kW(150PS)/2800rpm(ネット値)375N・m(38.2kg・m)/1400〜2800rpm(ネット値)

110kW(150PS)/2800rpm(ネット値)375N・m(38.2kg・m)/1400〜2800rpm(ネット値)

※1:継続生産モデルに搭載となります。

◆SI(国際単位系)表示と従来表示の両方を記載しています。 
◆ネット値とは車両搭載状態とほぼ同じ条件で測定した数値です。

燃費と環境を両立する、いすゞのクリーンテクノロジー

積載状態や道路勾配を判別し、自動で省燃費制御ECONOモード(MT車)

高回転域での過剰なエンジントルクを自動カットし、不要な馬力の発生を抑制します。また、燃料噴射量を自動制御して過剰な加速を抑え、省燃費運転に貢献します。

よりスムースなアイドリングストップを実現エコストップ

車両停止時にエンジンが自動的にストップし、不必要なアイドリングを無くします。排出ガスの削減や燃料の節約、停車中の騒音防止にも役立ちます。

低速トルク・燃費に効果電子制御式無段階可変容量型ターボ

タービン入口面積を可変させ、低回転域から幅広い回転域で高効率なターボ効果を実現。低速トルクや加速性の向上、燃費の向上に貢献します。

超高圧噴射を可能にした電子制御式コモンレールシステム

より高圧な燃料噴射と、噴射圧力、時期、量の最適な制御を可能にする最新のシステムを採用。燃費の向上や排出ガスのクリーン化に貢献します。

NOx低減を図る大容量クールドEGR(Exhaust Gas Recirculation)

排出ガスの一部を冷却して吸入空気と混合し再燃焼させ、燃費のロスを抑えてNOxを低減します。大流量化とより効率的な循環を実現し、燃費の向上に貢献しています。

坂道・積載時の発進を補助 START ASSIST

坂道での発進や積載時の発進時に、駆動力(エンジンアイドル回転数を上昇)を向上させ、トルクフルでスムースな発進を補助します。

PMとNOxを低減 DPD+尿素SCR
(DPD:Diesel Particulate Defuser SCR:Selective Catalytic Reduction)

DPD部でPMを捕集・焼却し、尿素SCR部でNOxを無害な水と窒素に分解。PM・NOxともに低減する後処理技術です。尿素水の残量はマルチインフォメーションディスプレイで確認できます。

尿素水残量計

  • *いすゞ指定の尿素水(AdBlue®相当)を使用してください。
    詳細は取扱説明書をご覧ください。
  • *AdBlue®はドイツ自動車工業会(VDA)の登録商標です。

イメージ

DPDをエンジンに近接配置

DPDをエンジン本体に近接配置したことで、流入する排気ガスの高温化を実現し、スス詰まり、堆積を低減しています。

※装備は車型により設定が異なります。詳しくは最寄りの販売会社営業担当者にお問い合わせください。

AT限定免許に対応、
先進のシ−ケンシャルマニュアルトランスミッション

Smoother-Ex

スムーサーEx

コンピュータ制御によりシフトレバーのアップダウン操作のみでの変速を実現。シーケンシャルシフトならではのスムースで小気味よい変速が可能です。自動変速モードも備え、より高次元での操作性を追求した次世代のトランスミッションです。

コンフォートドライブ

スムーサーExのすぐれた特性により、安心で快適な走行をサポートします。

2ペダルなのでクラッチ操作が一切不要

状況に応じて手動変速⇔自動変速が自由自在

下り坂も安心なエンジンブレーキ力

クリープを利用した容易な微速走行

1速発進モード

通常、自動変速時の発進は2速発進ですが、シフトレバーのグリップ部のスイッチを押すことで、1速発進となります。積車時の坂道発進など強い駆動力が必要な時に効果を発揮します。

エコノミードライブ

すぐれた燃費性能を実現

ロックアップ制御などにより、動力を高効率で伝達することで、力強い走りとすぐれた燃費を実現しました。

*信号待ちや渋滞路での停止時には、手動でギヤ段をニュートラルにしてください。ギヤイン状態のままブレーキを踏んで待機していると燃費に悪影響を及ぼします。

クラッチ調整・交換が不要

スムーサーExは、クラッチの調整・交換が不要です。ランニングコスト削減とともに、休車時間の低減と稼働率の向上にも貢献します。

省燃費自動変速を行なうECONO(エコノ)モード

ECOスイッチを押すと自動変速のマップが切り替わり省燃費自動変速のモードになります。ECONOモードでは、省燃費運転に必要な変速をコンピュータが運転状況に応じて自動制御で行ないます。

*ECOはECONOMYの略です。

マニュアルトランスミッション

マニュアルトランスミッションを全車に用意

MTならではの高い信頼性・耐久性をもったクラッチペダル付のMTも全車に用意しています。

“つながる”ことで、エコドライブを促進

*省燃費運転レポート作成には、お客様自身でのID登録が必要となります。

省燃費運転レポート

遠隔モニタリングにより、詳細な車両データを解析し、燃費の情報の他、運転操作がどのように行なわれたかを、インターネットを介してお客様のパソコンで確認することができます。車両ごとに集計された「車両レポート」が作成できます。

車両レポート

車両ごとの燃費・燃料消費量・時間・距離などに加えCO2、NOx、PM排出量などの環境データも把握できます。

月刊エコ! チャレンジ

同じような運行形態内におけるお客様のエコドライブ状況を比較・確認できるレポートを、ご希望に応じてご提供いたします。