安全性 / 運転操作性

本ページの画像は路線バス(ディーゼル)です。

安全性

安全を、守るために。

ドライバー異常時対応システム(EDSS:Emergency Driving Stop System)

走行中、乗務員に異常が発生した際、乗務員が運転席スイッチを押すか、または乗客が車内に設置された非常ブレーキスイッチを押すことで、車両が制動を開始し、段階的に速度を落とし停止します。車内では赤色フラッシャーの点滅、音声アナウンスで乗客に伝達。また周囲にはホーンを鳴らし、ストップランプとハザードランプを点滅させて異常を知らせます。

  • 乗客から乗務員の状態が確認できるクリアタイプの仕切を標準採用

  • 運転席スイッチは乗務員自身が操作しやすい位置に設置
    (ステアリングポストとホイールパーキングレバー間)

  • 赤色フラッシャーが点滅

  • 客席スイッチ(内蔵ランプが点滅)

  • 運転席スイッチ(内蔵ランプが点灯)/解除スイッチ

ドライバー異常時対応システム(EDSS:Emergency Driving Stop System)
作動イメージ

音声アナウンス

作動時
「緊急停止、おつかまりください。Hold Handrail」
停止後
「非常ブレーキが作動しました。駐車ブレーキをかけてください。警察、救急に連絡してください。
 Emergency stop. Apply the parking brake. Call police and ambulance」

LEDヘッドランプ ※LOWビームのみ

夜間の視認性がさらに向上するLEDヘッドランプを採用。省電力かつ長寿命のため、メンテナンス性も向上しています。

LEDストップ&テールランプ

視認性の高いLEDストップ&テールランプを採用。EDSS作動時には点滅し、周囲へ異常を知らせます。

衝撃吸収ステアリングシャフト&ホイール

正面から強い衝撃を受けた際に、移動・変形することで衝撃を和らげます。

ELR3点式シートベルト(運転席)

乗務員の最適な位置で固定できる4段階アジャスタブル・シートベルト・アンカーを装備。万が一の事態でも身体を確実にシートに保持し、乗務員の安全に貢献します。

運転操作性

乗客の安全と快適さを約束するプロフェッショナルのための運転環境。

ラウンドフォルムコックピット

スイッチ類を集約し操作性を追求したラウンドフォルムコックピットにより、さらに快適な運転を実現します。


LEDインパネメーター

アプローチ/デパーチャアングル&タイヤ切角

縁石や坂道など注意が必要な場所での運転負担軽減に貢献します。

ホイールベースN(5,300mm)Q(6,000mm)
最小回転半径8.3m9.3m
直角カーブ所要道路幅6,000mm6,400mm
タイヤ切角(内側/外側)53°/38.5°
❶ 最低地上高130mm
❷ アプローチアングル9.6°
❸ デパーチャアングル8.4°
❹ ランプアングル10.7°9.4°