運転テクニック編
必要最小限のアイドリング運転 運転テクニック編

最近は自治体の条例や会社の指示などでアイドリングストップ運動が盛んになってきました。しかし、駐停車時に必ずエンジンを止めることは、諸事情により徹底されていない事も考えられます。
不要なアイドリングを削除するだけでも月間・年間でみると大きな削減効果があります。少なくとも車両から離れる時はエンジンオフの習慣をつけましょう。

ポイント
(1) 無人状態でのアイドリングはやめる
(2) 待ち時間等での冷房・暖房運転は極力避ける

アイドリング消費量

大型車
+エアコン
スイッチON
無負荷
アイドリング
エンジン停止
1分間の
消費量(cc)
25.6 22.1 0
1時間の
消費量(L)
1.54 1.33
中型車
+エアコン
スイッチON
無負荷
アイドリング
エンジン停止
1分間の
消費量(cc)
14.3 11.5 0
1時間の
消費量(L)
0.86 0.69

小型車
+エアコン
スイッチON
無負荷
アイドリング
エンジン停止
1分間の
消費量(cc)
12.2 9.7 0
1時間の
消費量(L)
0.73 0.58

※アイドリング時の燃料消費量の測定を、上記の条件で行なった実験値です。
※上記数値は気象条件等により実際の数値と異なる場合があります。


Back   9/13   Next