世界のはたらく車 トップかいせつかんそう
世界地図へもどる この国ではたらく車 どんな国? なんでもマップ この国とISUZU
ペルー共和国ではたらく車 ペルー共和国
フォトイメージ フォトイメージ
フォトイメージ フォトイメージ

ペルーは南米大陸(なんべいたいりく)西側(にしがわ)太平洋(たいへいよう)沿()って位置(いち)しており、太平洋沿岸(たいへいようえんがん)(たて)細長(ほそなが)(ひろ)がる海岸砂漠地帯(かいがんさばくちたい)、5,000メートルもの(たか)(やま)(くに)中央(ちゅうおう)南北(なんぼく)にわたって(つら)なるアンデス山脈地帯(さんみゃくちたい)、アマゾンと()ばれる熱帯雨林気候(ねったいうりんきこう)である森林地帯(しんりんちたい)の3つの地形(ちけい)()っています。このように(おお)きく(こと)なる3つの地形(ちけい)()つことから(もの)(はこ)方法(ほうほう)もさまざまです。
主要都市(しゅようとし)海岸地帯(かいがんちたい)(おお)くあるため、都市間(としかん)輸送(ゆそう)海岸地帯(かいがんちたい)南北(なんぼく)(ひろ)がるパンアメリカンハイウェイと()ばれる高速道路(こうそくどうろ)使(つか)われ、(おも)中型(ちゅうがた)大型(おおがた)トラックやトレーラーが大量(たいりょう)物資(ぶっし)(はこ)んでいます。アマゾンの森林地帯(しんりんちたい)()れた果物(くだもの)野菜(やさい)木材(もくざい)中型(ちゅうがた)大型(おおがた)トラックで、(たか)くそびえるアンデスの(やま)()えて海岸地帯(かいがんちたい)へと(はこ)ばれていきます。そのためでこぼことした(やま)(きゅう)坂道(さかみち)(のぼ)ることができる(ちから)のある頑丈(がんじょう)なトラックが必要(ひつよう)とされています。リマなどの主要都市(しゅようとし)では(みち)(せま)いので渋滞(じゅうたい)などをさけるために中型(ちゅうがた)大型(おおがた)トラックの通行(つうこう)規制(きせい)していて市内(しない)中心部(ちゅうしんぶ)では規制(きせい)なしでいつでも通行(つうこう)できるのは小型(こがた)トラックだけです。そのため、市内(しない)配送(はいそう)小型(こがた)中型(ちゅうがた)トラックが(おお)くみられます。
ペルーには(おお)くの鉱山(こうざん)があるので(おも)産業(さんぎょう)として鉱業(こうぎょう)発達(はったつ)しています。鉱山(こうざん)()れた(きん)(ぎん)(どう)などの資源(しげん)大型(おおがた)トラックで(はこ)ばれますが、それ以外(いがい)にも、鉱山(こうざん)(はたら)くため平日(へいじつ)(やま)(ちか)くに()人々(ひとびと)のために食料(しょくりょう)などの生活物資(せいかつぶっし)小型(こがた)トラックで(とど)けたり、(やま)仕事(しごと)()人々(ひとびと)のためのバスが(はし)るなど、標高(ひょうこう)3,000メートル以上(いじょう)鉱山(こうざん)でもさまざまな(くるま)活躍(かつやく)しています。また天然(てんねん)ガスも発見(はっけん)され、排気(はいき)ガス(ちゅう)有害(ゆうがい)物質(ぶっしつ)(すく)なく環境(かんきょう)(やさ)しいので(くるま)燃料(ねんりょう)として利用(りよう)されています。リマ()では天然(てんねん)ガスを利用(りよう)した公共(こうきょう)バスが(おお)くなり、今後(こんご)天然(てんねん)ガスのトラックが()えることも期待(きたい)されています。