世界のはたらく車 トップかいせつかんそう
世界地図へもどる この国ではたらく車 どんな国? なんでもマップ この国とISUZU
マレーシアではたらく車 マレーシア
フォトイメージ フォトイメージ
フォトイメージ フォトイメージ

マレーシアは、西(にし)マレーシアと()ばれるマレー半島(はんとう)と、ボルネオ(とう)一部(いちぶ)である(ひがし)マレーシアからなる(うみ)(はさ)んで2つの地域(ちいき)()けられる(くに)です。人口(じんこう)の80%は西(にし)マレーシアに集中(しゅうちゅう)していて、(とく)首都(しゅと)クアラルンプールとその首都(しゅと)()(かこ)むように(ひろ)がるスランゴール(しゅう)人口(じんこう)国内人口(こくないじんこう)(やく)25%を()めています。
人口(じんこう)集中(しゅうちゅう)している地域(ちいき)では鉄道(てつどう)・バスなどは整備(せいび)されていますが、地方(ちほう)都市(とし)ではまだ整備(せいび)されていないところもあり、そのような地域(ちいき)では唯一(ゆいいつ)公共機関(こうきょうきかん)としてバスが発達(はったつ)しています。1980年代(ねんだい)からは「国民車(こくみんしゃ)」とよばれる(やす)くて市民(しみん)()いやすい(くるま)をたくさん()(はじ)めたため、通勤(つうきん)通学(つうがく)自家用車(じかようしゃ)使(つか)(ひと)(おお)くなりました。そのため(あさ)夕方(ゆうがた)通勤(つうきん)などで(くるま)利用(りよう)する(ひと)(おお)く、市内(しない)道路(どうろ)渋滞(じゅうたい)はひどくなっています。
クアラルンプールではそのような朝夕(あさゆう)混雑時(こんざつじ)には大型(おおがた)トラックの入場規制(にゅうじょうきせい)があるため、市内(しない)への商品(しょうひん)輸送(ゆそう)小型(こがた)トラックに(たよ)っています。(はな)れた都市(とし)への輸送手段(ゆそうしゅだん)中型(ちゅうがた)大型(おおがた)トラックが(おも)活躍(かつやく)しています。工業(こうじょう)発達(はったつ)しているので日本(にほん)電機(でんき)メーカーなどの工場(こうじょう)もたくさんありますが、工場(こうじょう)使(つか)輸入(ゆにゅう)された部品(ぶひん)や、工場(こうじょう)(つく)られた輸出(ゆしゅつ)する製品(せいひん)(はこ)ぶときには、ヨーロッパ(せい)(ふる)いトラクターが利用(りよう)され(みなと)各工場(かくこうじょう)()()しているのが()られます。また(はし)っているトラックのほとんどが(ふる)く、とくに(ひがし)マレーシアではリビルトトラックという日本(にほん)中古車(ちゅうこしゃ)をバラバラにした部品(ぶひん)()()わせて(つく)った大型(おおがた)トラックがとても(おお)(はし)っています。
道路(どうろ)整備(せいび)されていて都市間(としかん)(むす)高速道路(こうそくどうろ)発達(はったつ)し、高速料金(こうそくりょうきん)・ガソリンも(やす)設定(せってい)するなど、(くるま)利用(りよう)しやすい環境(かんきょう)づくりがされています。