世界のはたらく車 トップかいせつかんそう
世界地図へもどる この国ではたらく車 どんな国? なんでもマップ この国とISUZU
インドネシア共和国ではたらく車 インドネシア共和国
フォトイメージ フォトイメージ
フォトイメージ フォトイメージ

インドネシアは大小様々(だいしょうさまざま)な1(まん)8100以上(いじょう)もの(しま)から構成(こうせい)され、日本(にほん)(やく)5(ばい)もの広大(こうだい)国土(こくど)(ゆう)する(くに)です。2(おく)3(ぜん)8百万人(ぴゃくまんにん)もの巨大(きょだい)人口(じんこう)(かか)え、その半数以上(はんすういじょう)がジャワ(とう)集中(しゅうちゅう)しています。インドネシアは天然資源(てんねんしげん)豊富(ほうふ)主要産業(しゅようさんぎょう)鉱業(こうぎょう)(石油(せきゆ)、LNG、アルミ、錫等(すずなど))です。また、農業(のうぎょう)((こめ)、ゴム、パ−ム())も(さか)んです。それらを(はこ)ぶトラックの需要(じゅよう)()えています。(とく)鉱山向(こうざんむ)け、農業(のうぎょう)プランテーション()けダンプはトラック市場(しじょう)(おお)きなシェアを()め、石炭(せきたん)マイニングサイトでは車両(しゃりょう)非常(ひじょう)過酷(かこく)使(つか)われ(かた)をしています。
インドネシアの自動車全需(じどうしゃぜんじゅ)順調(じゅんちょう)()びています。都市部(としぶ)では、インフラ整備(せいび)(くるま)増加(ぞうか)()いつけず、慢性的(まんせいてき)渋滞(じゅうたい)発生(はっせい)しています。(とく)朝夕(あさゆう)通勤(つうきん)帰宅時間(きたくじかん)通常(つうじょう)の3、4(ばい)時間(じかん)がかかることもあります。継続的(けいぞくてき)都市部(としぶ)地方高速道路(ちほうこうそくどうろ)のインフラ整備(せいび)(すす)められており、将来的(しょうらいてき)には車両(しゃりょう)大型化(おおがたか)することが見込(みこ)まれています。インドネシアの自動車市場(じどうしゃしじょう)日本車(にほんしゃ)のシェアは90%以上(いじょう)(たか)く、(かく)メーカーがKD輸入(ゆにゅう)現地組立(げんちくみたて)(おこな)っています。また、中国(ちゅうごく)韓国(かんこく)メーカーも近年(きんねん)じわりじわりと販売(はんばい)()やしています。中古車(ちゅうこしゃ)(とく)地方(ちほう)依然多(いぜんおお)()られますが、2007(ねん)より輸入禁止(ゆにゅうきんし)になりました。都市部(としぶ)では自家用車(じかようしゃ)使用(しよう)増加(ぞうか)していますが、依然多(いぜんおお)くの人々(ひとびと)にとっての都市内(としない)(おも)移動手段(いどうしゅだん)は、公共(こうきょう)バス、()()いバス、バイクなどです。