世界のはたらく車 トップかいせつかんそう
世界地図へもどる この国ではたらく車 どんな国? なんでもマップ この国とISUZU
オーストラリア連邦ではたらく車 オーストラリア連邦
フォトイメージ フォトイメージ
フォトイメージ フォトイメージ

オーストラリアは地球(ちきゅう)南側(みなみがわ)にあるため、1、2(がつ)一番(いちばん)(あつ)く、7(がつ)一番(いちばん)(さむ)くなります。北部(ほくぶ)熱帯地域(ねったいちいき)では、バナナやマンゴーなど南国(なんごく)収穫(しゅうかく)できる果物(くだもの)()れ、南部(なんぶ)では日本(にほん)のように春夏秋冬(しゅんかしゅうとう)があります。また、中央部(ちゅうおうぶ)西部(せいぶ)砂漠(さばく)になっています。
日本(にほん)が20()(はい)るほど広大(こうだい)国土(こくど)()ちながら、人口(じんこう)日本(にほん)(やく)1/6しかおらず、(ひろ)国土(こくど)()らばる(まち)(もの)(はこ)ぶトラックで人々(ひとびと)生活(せいかつ)(ささ)えています。(たと)えば、東側(ひがしがわ)のシドニーから西側(にしがわ)のパースまで東京(とうきょう)から福岡(ふくおか)までの4(ばい)の4000kmもの(みち)のりがあり、たくさんの物資(ぶっし)がトラックを使(つか)って(はこ)ばれていきます。
また、オーストラリアは(てつ)材料(ざいりょう)となる鉄鉱石(てっこうせき)石炭(せきたん)、またオージービーフで有名(ゆうめい)牛肉(ぎゅうにく)をたくさん輸出(ゆしゅつ)しています。これらは、内陸部(ないりくぶ)から(みなと)までの(なが)距離(きょり)を、日本(にほん)では()かけない列車(れっしゃ)のように連結(れんけつ)したトラックで(はこ)ばれ、日本(にほん)中国(ちゅうごく)(ふね)輸出(ゆしゅつ)されます。
人口(じんこう)はシドニー、メルボルン、ブリスベンなど東側(ひがしがわ)大都市(だいとし)西側(にしがわ)のパースに集中(しゅうちゅう)しています。大都市(だいとし)中心部(ちゅうしんぶ)道路(どうろ)日本(にほん)(まち)(おな)じように(せま)いので、(ちい)さいトラックがよく使(つか)われ、郊外(こうがい)()くと牧場(ぼくじょう)砂漠(さばく)などの平原(へいげん)(つづ)くため、(おお)きいトラックが(おお)使(つか)われています。また、郊外(こうがい)では、表面(ひょうめん)がコンクリートなどで(かた)められていない道路(どうろ)(おお)く、4(りん)駆動車(くどうしゃ)がたくさん(はし)っています。
オーストラリアでは、(なつ)になると(かわ)いた草原(そうげん)山火事(やまかじ)がたくさんおきます。日本(にほん)(はし)っている普通(ふつう)消防車(しょうぼうしゃ)だけでなく、4(りん)駆動(くどう)消防(しょうぼう)トラックが(みち)()草原(そうげん)(なか)(はし)って消火活動(しょうかかつどう)をしています。