バス大図鑑

教えて「バスの客席」のこと

大森の商店街の小さなレストラン「キッチンいすゞ」。マスターは路線バスの運転手でしたが引退して、実家の洋食店を継ぎ、カウンター越しに、お客との会話を楽しみながら、おいしいランチを提供しています。常連のお客さんにバスの話が大好きな親子がいて、今日もやってきたようです。
お父さん
「マスター、スタミナ定食ふたつ!」
マスター
「わかりました」
お父さん
「ムスコは先週長距離バスに乗って、たった一人で関西旅行してきたんだよ」
ムスコくん
「超楽しかった!」
マスター
「ムスコくんは、ほんとにバスが好きですなあ。ずっとバスに乗っていてお尻が痛くならなかったですか?」
ムスコくん
「ぜんぜん平気だったよ!」
お父さん
「もしかして……、昔よりバスの座席が良くなってるなんてことはないの?」
マスター
「おっいいところに目をつけましたね。今日はバスの座席の話をさせてください」

まずはバスの種類ごとに、「座席の配列」を見てみましょう。

路線バス(自家用バスを含む)の座席の配列

現在は「前向きシート」が主流で、その配列には「都市型」「ラッシュ型」「郊外型」に分類されます。

(1)都市型

首都圏など大都市部では、バスはたくさんの乗客を運ばなくてはなりません。乗車定員が多くなるような座席配列になっています。どの座席配列でも、車いすの乗客のため「跳ね上げシート」を装備しています。

(2)ラッシュ型

都市部の通勤時間帯など、さらにバスがたくさんの乗客を運べるように、バス後部の座席の間隔を広くしています。こうすることによって、後部に乗っている乗客を少しでも降りやすくするためです。

(3)郊外型

比較的、多くの乗客が乗ることがない郊外のバス路線では、できるだけ乗客が座れるように座席が配列されています。車いす乗客のスペースで、Ⅰ型、Ⅱ型と分類しています。

路線バスの座席配置

観光バス・長距離バスの座席の配列

観光バス・長距離バスでは、前向きシートの4列シートが基本です。他には回転式シートを備えた後部サロンシートや、夜間高速で用いられる独立3列シートがあります。

夜間高速バス(独立3列シート) / 観光バス(4列シート)の座席配置

サロンシートの例

次に「座席の形状」です。やはりバスの種類ごとにどんなものがあるか見てみましょう。

路線バス(自家用バスを含む)の座席の形状

  • ・固定シート(リクライニングなどの調節はできない)
  • ・ローバックシート(背もたれの低いタイプ)
  • ・自家用バスには補助席がある場合があり

観光バス・長距離バスの座席の形状

  • ・リクライニングシート(少し後ろに倒せて長時間移動を快適に)
  • ・ハイバックシート(背もたれの高いタイプで、上部に頭を預けるヘッドレストがある)
  • ・補助席/ガイド席(補助席、ガイド席はローバックで固定シート)

路線バスでは乗り降りの頻度が高いことを考えて、ハイバックではない固定シートが使われます。逆に観光バスなどでは、長時間座りっぱなしの乗客がより快適に過ごせるよう、ハイバックのリクライニングシートが採用されています。特別なタイプではレッグレストという足の置き場を備えたものもあります。

固定シートの例 / リクライニングシートの例

補助席は座席を多く確保するためのもので、ガイド席は、ガイドさんが運転手及び乗客とお話することを想定しています。また、観光バスではいろいろなシートのバリエーションがあり、バス会社の要望によって選べるようになっています。

補助席(左:片跳ね式 / 右:全格納式) / ガイド席

観光バス・長距離バスのシートの種類例

  1/2   Next