バス大図鑑

教えて「ノンステップバス」のこと

大森の商店街の小さなレストラン「キッチンいすゞ」。マスターは路線バスの運転手でしたが引退して、実家の洋食店を継ぎ、カウンター越しに、お客との会話を楽しみながら、おいしいランチを提供しています。常連のお客さんにバスの話が大好きな親子がいて、今日もやってきたようです。
ムスコくん
「マスター、今日も路線バスに乗ってきたよ!横にノンステップバスって書いてあった!」
お父さん
「近ごろノンステップバスってよく見るよね」
マスター
「そうですなあ。走っているバスの半分以上が、もうノンステップバスらしいですよ」
ムスコくん
「そんなに増えてるんだね!」
お父さん
「どうしてノンステップバスが増えたのかなあ?」
マスター
「それは時代の流れによって世の中に必要とされてきたからです。それではちょっとノンステップバスについてお話ししましょう」
※国交省資料「ノンステップバス等の車両数の推移(平成29年時点)」より

まず「ノンステップバス」とはどんなものでしょう?

ノンステップバスとは、車両に段差無く乗り降りでき、車内でも段差無く料金収受や、座席等が利用できる車両のことを言います。

車いすでも乗り降りしやすいノンステップバス

昔……。と言ってもそんなに遠くない昔です。昭和の時代にはエンジンが前の方にあるボンネット型のトラックをもとにしたバスが主流でした。トラックの部品をバスに流用できるというメリットがありました。しかし、トラックの車体構造をそのまま利用したので、乗り降りする時に「階段」が必要になり、その頃のバスは出入り口の階段を二段上がったところに運転席や客席・立席がある「ツーステップバス」の形態がほとんどになったのです。その後、エンジンがリア(後ろ)に移行していくのですが、それでもツーステップバスのスタイルは変わりませんでした。

時代は変わって平成。1990年代になると高齢者への配慮などから、乗り降りしやすいバスが世の中から求められるようになり、「低床バス」の導入が始まりました。ただし、まだトラックの部品を流用することが多かったので、階段を一段残した「ワンステップバス」が普及しました。

しかし、90年代後半になると、「もっと誰もが乗り降りしやすいバスが必要だ」という社会のニーズが高まってきました。国土交通省とバスメーカーが協議して、バリアフリー法により、ノンステップバスの標準仕様が制定されました。バスのレイアウトを工夫して、ノンステップバスの普及が本格的に始まります。

そして令和の時代になった現在、楽にバスの乗り降りができるノンステップバスが広く普及したのです。

広いノンステップエリア

ノンステップバスでは床下にあった部品を車両の後ろに移動させて、「ノンステップエリア」(段差のない床面)を広く確保するようにしています。また、「タイヤハウス」(タイヤを納める場所)の上にある少し高い座席は落下する危険があるので、現行のバスでは左側を廃止し、代わりに床下にあった燃料タンクを移設、伝い歩き棒を設置して車内移動にも配慮しています。この燃料タンクの移設は運転手さんに2つのメリットが生まれます。

一つ目は、燃料タンクの給油位置が少し高くなったことで、運転手さんが給油しやすくなったことです。それまでは少しかがんで給油する必要がありましたが、立ったまま給油できるようになり、作業が少し楽になりました。

二つ目は、その左側の高い座席がなくなったことにより、運転手さんにとって左後方の視界がよくなり、左折する時に、左側の巻き込み確認がしやすくなりました。

給油口が高くなり給油しやすくなりました

運転手から見て左後方の視界が開けました

  1/2   Next