バス大図鑑

教えて「空調」のこと

大森の商店街の小さなレストラン「キッチンいすゞ」。マスターは路線バスの運転手でしたが引退して、実家の洋食店を継ぎ、カウンター越しに、お客との会話を楽しみながら、おいしいランチを提供しています。常連のお客さんにバスの話が大好きな親子がいて、今日もやってきたようです。
ムスコくん
「マスター、今日も路線バスに乗ってきたよ!」
マスター
「今日は暑かったでしょうなあ」
ムスコくん
「ううん。バスの中はエアコンが効いてて気持ちよかったよ」
お父さん
「お父さんが子どもの頃はバスにエアコンがなくてさ」
ムスコくん
「ええっ!そんなの夏とかどうしてたの?」
お父さん
「扇風機があったかなあ……。あとはみんな扇子や団扇でパタパタあおいでいたような気がする」
マスター
「そんな時代がありましたですなあ!バスの空調はものすごく進歩しました。今日はそんなお話をしましょうか」

まず、「路線バス」の空調からお話ししましょう。路線バスの空調は次の3つのシステムから成り立っており、それぞれ別々の機器として車内に備わっています。

  1. (1)冷房
  2. (2)暖房
  3. (3)デフロスター

(1)冷房

路線バスに乗ったことがある人ならおわかりでしょう。窓の上に「吹き出し口」があり、そこから冷たい風(冷風)が出て、車内を涼しくしてくれますね。
路線バスの冷房の仕組みは、バスの屋根の上にある「パッケージクーラー」によって、車内の空気を冷やして窓の上の「吹き出し口」から冷風を送るのです。効率よく冷やすため「内気循環(車内の空気を循環させる)」という方法をとっています。

(2)暖房

座席シートの下にあるヒーターから温かい風(温風)が出て、車内を暖かくしてくれますね。
路線バスの暖房の仕組みは、エンジンの冷却水の熱を利用して、座席下のヒーターから温風を送ります。こちらも効率よく暖めるため「内気循環」という方法をとっています。

(3)デフロスター

デフロスターは、バスのフロントガラスに温風を吹き出して、フロントガラスの車外の霜取りをしたり、車内の曇りを晴らすために使います。デフロスターについては、「内気循環」と「外気導入(車外の空気を取り入れ)」が選べるようになっていますが、「内気循環」は車内が曇りやすいので、その時は「外気導入」を選びます。

路線バスの空調の仕組み

次に「観光バス」の空調です。観光バスは次の2つのシステムから成り立っています。

  1. (1)オートエアコン
  2. (2)デフロスター

(1)オートエアコン

観光バスのオートエアコンは、あらかじめ温度を設定することで、自動で社内の温度を保ってくれるものです。窓の上の吹き出し口からは温風と冷風、客席下のダクトからは温風を吹き出して、乗客が快適に過ごすことができるようになっています。また、風量も細かく(たとえば16段階)調整できるようになっています。
また、路線バスと違い、「内気循環」と「外気導入」での空調運転を行うことができます。
内気や外気の汚れを検知した時には、自動で「内気循環」と「外気導入」を切り替えてくれる「換気制御機能」を備えているのも特徴です。

(2)デフロスター

観光バスにも路線バス同様デフロスターを備えていて、フロントガラスの曇りを晴らすことができます。

観光バスの空調の仕組み

実は、もともとバスの空調は観光バスのほうから普及が進んだのです。それは乗客の快適性向上がねらいでした。路線バスに冷房が普及していくのは1980年代になってからです。

その時代では「サブエンジン式」と呼ばれる「冷房専用エンジン」を搭載して、車内の冷房に使っていました。しかし、同じバスにエンジンが2つあることで、燃費の悪化につながり、騒音が大きくなってしまうことが問題とされました。

そこで現在では、「メインエンジン直結式」と呼ばれる方式が主流になりました。これは、駆動用エンジンから動力を分けてもらって冷房に使う方法です。これによって、冷房用、駆動用の2つのエンジンを作動させる必要がなくなり、燃費は向上し、騒音も低減させることができるようになったのです。

  1/2   Next