ISUZUFORWARD

- ECONOMY

ECONOMY ECONOMY
MORE +

フォワードは中型ディーゼルトラック燃費No.1※1

さらにエコカー減税対象車なので
重量税・取得税が75%減税!※2

※1 車両総重量7.5トン超~14トン以下(2WD)中型トラック
重量車モード燃費値での比較。2019年3月現在、いすゞ調べ

※2 車両総重量7.5トン超~14トン以下(2WD)エコストップ装着車。2019年3月現在

低燃費のヒミツ

●エンジン性能の向上に加え

尿素SCRを全車に搭載することで、排出ガスをクリーン化すると同時にエンジン本体での負荷を軽減し、燃費性能を大幅に高めました。DPDの負荷を軽減し、再生インターバルも2倍以上に向上しています。

燃費性能大幅アップ

- CONNECTED

CONNECTED CONNECTED
MORE +

”つながる”トラック
見えない車両のコンディション変化や情報を“見える化”

車両コンディション情報やエコドライブ状況等の情報を通信する機能を標準装備。
「つながる」仕組みをもたせたことで、稼動している車両の状況把握が可能となり、取得したデータはお客様がインターネットを介していつでも閲覧することができます。
これにより、DPDなどの車両の不調が起こった際も、いち早い対応が可能となり、路上トラブルの未然防止に寄与します。

“つながる”から「止めない。」

車両のコンディションデータを活かし、予兆が見られた段階で事前に整備が可能となるため、路上故障・突発修理を抑制し、休車時間とコストを削減。
車両のコンディションデータを活かし、必要となる整備内容や部品を入庫前に把握できるため、整備に要する時間を短縮

未然に防ぐ故障の抑制 安心稼動 すぐ直す整備時間の短縮
予兆をもとに故障する前に整備 万が一の故障の際も、迅速な復旧に貢献 予兆をもとに故障する前に整備 万が一の故障の際も、迅速な復旧に貢献

- SAFETY

SAFETY SAFETY
MORE +

先進視覚サポート技術「VAT」VAT

高精度のミリ波レーダーや各種センサーを駆使し、ドライバーの視覚をサポートするテクノロジー。

プリクラッシュブレーキ[衝突回避支援/衝突被害軽減]GVW8トン〈210PS、240PS〉/11トン車に標準
GVW7.5トン/GVW8トン〈190PS〉/14.5トン/16トン/20トン車にオプション
プリクラッシュブレーキ[衝突回避支援/衝突被害軽減]GVW8トン〈210PS、240PS〉/11トン車に標準
GVW7.5トン/GVW8トン〈190PS〉/14.5トン/16トン/20トン車にオプション

走行中、ミリ波レーダーとカメラが常に車両前方を検知・分析。先行車との車間距離に応じて、警報やブレーキ制御を自動で行ないます。
低速で走行する先行車に対し、追突の恐れが高まると、警報に加え、早いタイミングでフル制動し、衝突回避をサポートします。
追突が避けられない場合は、自動でブレーキを作動させ衝突速度を低減し、被害の軽減を図ります。
*先行車の速度が10km/h以上、相対速度が70km/h以内で衝突回避を支援。相対速度が70km/hを超える場合は衝突被害を軽減します。

プリクラッシュブレーキ

●先進視覚サポート技術「VAT」(プリクラッシュブレーキ・ミリ波車間ウォーニング・車線逸脱警報[LDWS])はドライバーの安全運転を支援するシステムであり、車両の限界を超えた走行を可能にするものではありません。本装置を過信せずに、つねに安全運転を心がけてください。