プレスリリース

2020年9月7日

いすゞ、国産初の大型路線ハイブリッド連節バス「エルガデュオ」が東京BRTに採用
-10月1日よりプレ運行開始-

 いすゞ自動車株式会社(本社:東京都品川区、社長:片山正則、以下いすゞ)の、大型路線ハイブリッド連節バス※1いすゞ「エルガデュオ」が、10月1日にプレ運行を開始する東京BRT※2に採用されることとなりました。

 いすゞ「エルガデュオ」は、日本の道路事情に適した車両寸法と操作性に加え、定員119名という大量輸送能力を実現、また先進安全装備として、路線バスでは世界初となる「ドライバー異常時対応システム(EDSS:Emergency Driving Stop System)」を搭載しております。

 いすゞは、大量輸送能力と先進安全機能を備えた大型路線ハイブリッド連節バス「エルガデュオ」により、東京臨海エリアの新しい公共交通機関東京BRTを通じ、地域社会の発展に貢献してまいります。

エルガデュオ

エルガデュオ

※1:大型路線ハイブリッド連節バス … 日野自動車と共同開発(2019年5月27日発売)

※2:東京BRTについて (東京BRT公式HPより引用 https://tokyo-brt.co.jp/)

BRTとは「Bus Rapid Transit」(バス高速輸送システム)の略です。連節バスの採用、走行空間の整備等により、路面電車と比較して遜色のない輸送力と機能を有し、定時性・速達性を確保した、バスをベースとした交通システムを指します。東京の臨海地域における交通需要の増加に速やかに対応し、地域の発展を支える新しい公共交通機関として、都心と臨海地域とを結ぶBRTの運行を計画しています。

以上