プレスリリース

2020年9月1日

いすゞ、ピックアップ・トラック「D-MAX」の輸出開始
-累計販売210万台を達成-

 いすゞ自動車株式会社(本社:東京都品川区、社長:片山正則、以下「いすゞ」)は、2019年10月に8年振りにフルモデルチェンジした小型ピックアップ・トラックの新型「D-MAX」を、2020年9月豪州での発売を皮切りに世界各国への輸出を開始しました。

 いすゞは、70%を出資する子会社「いすゞ・モータース・インターナショナル・オペレーションズ・タイランド」(以下「IMIT」)を通して世界約100ヵ国以上に輸出、累計210万台を販売しております。今後、新型「D-MAX」を豪州に引き続き欧州等へも順次輸出してまいります。

「D-MAX」はこれまでにタイ国内において、2019年度モーストポピュラーピックアップ・トラック賞、最優秀省燃費ピックアップ・トラック賞、ベストライフピックアップ・トラック賞を受賞するなど、トップブランドとしての地位を確立してまいりました。

 いすゞは中期経営計画に基づき、「LCV事業の強靭化」に取り組んでおります。今後も、世界各国でのお客様の多様なニーズに応える商品を提供し、ブランドと販売の強化を進めてまいります。

D-MAX
以上